「おしゃれ社会貢献ホテル」は客室が自由すぎる!
 宿泊施設の需要が高まる2020年を前に、飲食業界など異業種からの参入も増えているホテル業界(関連記事「カフェ・カンパニー初のホテルはコミュニティー」)。そんななか、ウエディングプロデュース大手のテイクアンド ギヴ・ニーズ(以下、T&G)がグループ会社TRUNK(東京都港区)を設立し、ホテル事業に参入。その最初のホテル「TRUNK(HOTEL)(以下、トランクホテル)」が2017年5月13日、渋谷にオープンした。地上4階、地下1階建てで客室数は全15室、宿泊収容人数60~70人と小規模だが、宿泊によって社会貢献の新しいスタイルが体験できる、日本初の“ソーシャライジングホテル”だという。

【関連画像】「テラススイート」(140平米+テラス70平米)は1室あたり68万9472円~(客室料金は全て税・サ込※以下同)。1~14人まで宿泊可能

 T&Gといえば、年間に約1万8000組以上の結婚式をプロデュースし、挙式施行数が日本一というブライダル最大手。一軒家を貸し切って行う西欧風のゲストハウスウェディングのブームを起こし、会社設立からわずか3年で株式上場を果たしたことでも知られている。そのT&Gが仕掛ける、日本初の“ソーシャライジングホテル”とは、これまでのホテルとどう違うのか。オープン直前の内覧会に足を運んだ。




網戸張替えが格安!一枚1000円【完全定額制】
リフォームサイト比較