「家具」と言えば

「収納」
ではありますが

「収納」から
一旦頭を切り離さなければ
ただ
棚を付けたり
スキ間を埋める収納になってしまいます。

確かに
狭小住宅では

「見せる」ことよりも「収納」を
求められますが
だからといって
やたらと物を詰め込むスタイルは提案しないように
しています。

その大きな理由は

キリが無い!

からです(^_^;)

ですから

「ここには物を置かない!」

という場所を決めるのです。

「収納」に拘ることの落とし穴は

物を増やすことに繋がりますから

「整理」に意識を持つことをおススメしています。

↓一つの提案例

今までであれば
カップボードと言えば
床から天井までというのがセオリーでしたが
あえて
手の届かない高さには収納しないというコンセプトで
プランニングしたものです。

狙いは
圧迫感を無くする
スタイリッシュなカップボードです(^-^)

家具に合わせた
暮らし方を身につけてみませんか?

04

↓建築関連

家の「狭さ」をすぐに解決する方法【捨ててしまっては遅い】

新築、リフォームの見込み客を集めるためのツール

家の小さな補修(メンテナンス)の頼みごとが大きな工事となる恐ろしさ

→フロート式(浮いている)TVボードをあなたの家に【全国販売開始】





スポンサーリンク