—————————————————
社員の「やる気」はSNSの利用の多い少ないで見えてきます
—————————————————

はじめに

大企業に勤めている方は
このページを閉じてください(^_^;)

私の知っている
ハウスメーカーや工務店は
小規模だといいながらも

けっこうな金額を投資し続けています。

まず

チラシや広告以外では、

WEB業者さんには
ホームページ作成、そして更新をお願いしています。

そして

社員にはブログの更新を義務付けています。

中には、
週初めの朝礼で

「こんなテーマを書きなさい」

といった具体的な指示もあると聞いたこともあります。(^_^;)

でも
そういった会社のホームページやブログは
充実していたとしても、

「社員がしかたなく書いているのかな?」

と感じることがあります。

それは
その会社のSNSの利用が少ないと感ずる時です。

つまり

「言われたやる」とか

「給料分の働きはする」からで、

SNSでまで発信したくないという気持ちを
感じてしまうからです。

(実際耳にしたこともあります(^_^;))

だから

「社員がしかたなく書いているのかな?」

と感ずるわけですが、

そうであれば

非常にもったいないと言わざるを得ません。

もう
さんざん言われていることなのですが、

ハウスメーカーが届けたいと思っている
世代は20代後半から30代ですよね、

そういった方々は
何から情報を得ていると言えば
大半がSNSから情報を得ています。

そして
良いと思われた記事はシェア数も伸びています。

————————–
諸刃の剣のSNS
————————–

ホームページやブログの運営は当たり前として
SNSの発信にも取り組んでいる会社も当然増えています。

ですが

時々「やる気」が伝わってこない投稿を目にした時には

むしろマイナスで、

投稿しないほうが良いのでは?

と感ずることも多々あります。

自分にも覚えがあるので恥ずかしいのですが・・・(^_^;)

なんとなく書いた、
仕方なく書いた記事というものについても

必ず

誰かに「見られている」

という意識を持った方が良いと思っています。

その辺のバランスは難しいですねぇ(^_^;)

——————————
お金をかけたらなんとかなるの?
——————————

一概には言えませんけど、
確実に言えることは

業者さんに「任せっきり」では

せっかくの投資も無駄に終わってしまう
確率が高くなることは確実です。

考えても見てください。

建築に関する記事は
建築に従事している人間にしか書けませんよね(^_^;)

それは

ツールの利用についても同じことが言えます。

人まかせでは
設定のポイントのズレは避けようもなく
成果に結びつかないものです。

みずからが

操作してこそツールというものも
効果を発揮するということは確かです。

しっかりと取り組んでみてください(^-^)

———————————–
→無料とは言え、あなどれませんよ
———————————–

facebook-388078_1920

新築、リフォームの見込み客の集め方

「待ち」から「攻め」へ転じましょう

 

『お客様はあなたを見つけられずに困っています』

 

 

 

  CADデータ集(TVボード・システムキッチン・スチール階段)

 

  特集記事コントリビュータ

 

  コントリビュータ

 

 建築集客ツールの使い方

 

CADデータ集【TVボード、階段、キッチン】一式はこちら

CADデータ集【TVボード、階段、キッチン】
公式サイト

 

個別データ集はこちら

TVボード設計CADデータ集 アイランドキッチン
CADデータ20選
階段設計CADデータ集
公式サイト 公式サイト 公式サイト

 

 

スポンサーリンク