Sponsered Link

 

 

築工事やリフォームの予定があり、

 

ピッタリとしたTVボードが欲しいと言った場合は
最初にハウスメーカーなどの建築会社の担当者に、

以下のページを見ていただき取付工事をしていただくことが前提となります。

 

ここで協力して頂けなかった場合は独自に施工業者を選ぶことになります。
(二重経費がかかってきますので現実的ではないでしょう)。

そして協力をいただけた場合には、
k-designがもっとも得意とするフロート式TVボードの設置が可能となります。

 

テレビ台(TVボード)は探すものではなくオーダーするもの。
お好みの形をお伝えください【全国対応】
https://iemo.jp/99529


からの引用ですが、

 


一昔前と大きく変わったのは


お客様の為にと協力的な姿勢を見せるハウスメーカー、
建築会社がとても増えていることです。

 

建築工事ですから、

完成が近くなってからの依頼であれば、
家の工事の完成までにTVボードは間に合わないことは明白でも、

その部分の工事は途中までとし、
TVボード納品時にまた現場に入って施工してくれるところもあるくらいです。


その協力的なハウスメーカー、建築会社、工務店には
感謝せずにはいられません。

なによりも
オーナーが喜んでいます。

 

 

確かに
従来通りではないことをする事にはリスクが伴うものです。


だからといって
リスクを恐れて何もしないのであれば、
いつしか取り残されるということもありえるのです。


建築業界自体も人口減少により苦しくなっていることは事実です。


だからこそ関連業者ともども
「オーナーの為に」という協力意識を強く持っていきたいですね。

 

 

4aa86a98-c72d-4aa9-872c-d6414c949be6

 

 

 

↓建築関連

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







→フロート式(浮いている)TVボードをあなたの家に【全国販売開始】

Sponsered Link

 



 

 

 







→ブログやホームページへの集客が売上に繋がらないわけ【メルマガ戦略が不可欠】

 



 





 



リスト自動収集ツール【無料版】の入手方法


「集客ツール」の使い方|三大SNSツールの使い方



★TVボード価格表


メッセンジャーで見る


LINE@特典

 


★リフォームの盲点


高齢者のためのリフォームの盲点


家の困り事はどこに頼むべきか


家の不安解消だけでは足りません


★在宅で遠隔診療が受けられます【通院不要】


病院と薬局へ行く必要が無い【遠隔診療】が家や職場で受けられます

Sponsered Link