あの人のお宅拝見[7] ガーデ二ング誌の編集者が家族と造り上げた、庭を愉しむ住まい

 
(写真撮影/片山貴博)

住宅業界のプレス発表会には、いつもすてきないでたちでいらした大先輩・横山禎子(ていこ)さん。昨年、71歳でガーデニング誌『BEISE(ビズ)』編集者としての現役を引退されたと聞き、念願のご自宅への訪問がかなった筆者。子育てと仕事を⻑年両立してきた、横山さんの興味深い半生記もお伺いすることができました。連載【あの人のお宅拝見】
『月刊 HOUSING』元編集⻑など住宅業界にかかわって四半世紀以上のジャーナリストVivien藤井が、暮らしを楽しむ達人のお住まいを訪問。住生活にまつわるお話を伺いながら、住まいを、そして人生を豊かにするヒントを探ります。

庭を愛する人は、家のクオリティにも妥協がない

横山さんのお住まいがあるのは東京都下町田市の緑が残る山の手住宅地。門扉からも階段が続く高台立地。

【画像1】取材当日は秋景色。花が終わっていたので、後日送っていただいた夏の写真が右。アガパンサスの⻘い花が両脇に(写真撮影/(左)片山貴博・(右)横山さん)

【画像2】タイル張り外壁に上げ下げ窓(米国マービン社製)、瀟洒(しょうしゃ)な外灯、趣のあるテラコッタ製ベンチ……と、期待値が上がるエントランス(写真撮影/片山貴博)

そして、迎えられた玄関の迫力に圧倒された!

昨今、一戸建て住宅なのにマンションのようなシングルドアの玄関が多いことを残念に思う筆者としては、この両開きの扉を見て「流石、横山さん!」と感激。家に想いがある人かどうかは、玄関に表れるもの。

【画像3】オークむく材、両開きのフレンチドアは米国製。開閉時の音に重厚感があるのは高級車と同じ感覚(写真撮影/片山貴博)

玄関を入ると、2階への吹抜け階段とステンドグラスのリビングドアから陽が入り、明るいホールになっていました。

【画像4】亡き夫、版画家・横山皓一氏の作品がエントランスホールでお出迎え(写真撮影/片山貴博)

リビングドアの先に広がっていたのは、構造梁(はり)を見せた木質感たっぷりのリビング&ダイニング。大きな植物が豊かなインドア・ガーデンと、大きな出窓の向こうにはお庭の緑も見えます。

【画像5】ケヤキの大黒柱が中央に。煖炉も備え付けられ、ノスタルジックなインテリア(写真撮影/片山貴博)

横山さんのお気に入り、窓辺の庭が眺められる特等席でお話を伺いました。

版画家のご主人がアトリエを拡張したい時期でもあった二十数年前、この家の建築を計画されたそう。「夫は建築が好きだったし、建材・設備選びは洋書などからアイデアを集めてね。庭もほとんど自分たちの手で造り上げたの」

【画像6】「この家は21年前、50歳のころに建てたの。実は29歳のときに最初の家を建ててうまく売れて(笑) 、2度目の家づくりだから、夫と2人で相当こだわりましたよ」(写真撮影/片山貴博)

【画像7】「大きな植物を育てるために、吹抜けをつくったの」と横山さん。インドア・ガーデンで、ケンチャヤシがすくすくと3m以上に育っている(写真撮影/片山貴博)

植物のために設計するなんて、ガーデニング誌の編集者らしいと思いきや、「ここは『BISES』の編集部に入る前なの。元々、私はファッション誌の編集から始まってね……」と、私の知らなかった横山さんのキャリア話。

50 年近く前、女性の就職先など選べる時代では無かったころ。「私は最初から雑誌の編集がやりたくて、やっとの思いで就職できたのが『服装』というファッション誌の編集部。当時の出版社は徹夜なんて当たり前で、結婚するか仕事するかの選択だったわね」

そんな時代に、「人生、何事も楽しみたいと思って」結婚・出産と仕事を両立してきた横山さん。「でもさすがに、徹夜仕事と子育ては無理なので退職しました」

その子育て中、子どもとの庭いじりで精神的安らぎを得られた経験も次のキャリアにつながったのだそう。「子育てママ向けの『sesame(セサミ)』という雑誌が創刊され、ママの居ない編集部からお声がかかって」5時までの実質契約社員として出版社に復帰、ママとしての読者視点で企画を実現していったそうです。

子育て後にはがんも経験し、ガーデニングの世界へ没頭

お話しの続きは、お庭に出て伺うことにした。

【画像8】花は少ないなか、紅葉が進み始めたお庭。⻩色のオーニング(可動式の日よけ)はオランダ製、夏にはテラス全体を日陰にすることもできる(写真撮影/片山貴博)

「この家を建てた50歳のころ、がんが発覚して手術入院したのね。だけど、病院からFAXで原稿のやり取りをしていたわ(笑) 凄いわよね!」とさらりと話され、面食らった筆者……既に20年経過し、完治したそうで何より。

ちょうど、同じ出版社から創刊されて注目していたガーデニング誌『BISSE』。「今だからこそやりたいのは、これだ!」と、横山さんは編集⻑に手紙を書き、以来20年間、編集⻑の片腕として日本のガーデニング文化を担われてきました。

【画像9】ガーデン・ファニチャーを置いてくつろげるお庭は、正にアウトドア・リビング(写真撮影/片山貴博)

「雑誌をつくるときは、自分なら何を見たいか?って考えると、次々にやりたいテーマが出てきてね。またそれを家で実践して楽しんでたの」。自分が好きな事だから良い仕事ができて、結果、⻑く続けられるという好例ですね。

「この石畳(【画像10】)も、基礎の砂利から自分たちでやったのよ。夫が指示するように、私と息子が動いてね」

【画像10】素人仕事には見えない石畳。自然に生えたコケが雰囲気ある小径(こみち)、庭の奥へと続く(写真撮影/片山貴博)。右写真は夏、アジサイの一種ノリウツギが咲いている写真(横山さん撮影)

ガーデ二ング取材の経験は、自邸で随所に活かされていて見どころが満載。

【画像11】「庭は外の街並みとの調和も大切なので、できるだけ日本の樹木を植えています」(写真撮影/片山貴博)

【画像12】英国っぽい小物やバードバス、ガーデン愛好家なら「いいね!」したくなるさり気なさ(写真撮影/片山貴博)

【画像13】「夫はお昼から、ここでビールを愉しんだりして……創作活動は室内にこもるから、庭で季節を感じ ることは彼にとって大切だったのね」と、思い出を語ってくれた(写真撮影/片山貴博)

「田舎風が好きなの」 こだわりのキッチンはフレンチ・カントリー

お庭を見て回り、お部屋に戻ると「こちらで休憩してちょうだい」と、庭に面したダイニングへ案内してくださった。

【画像14】木製家具の温かみあるダイニング&キッチン(写真撮影/片山貴博)

カウンターの向こうに見えるのは、コの字型の広いキッチン。「キッチンはタイル張りにしたかったの。大好きなアルハンブラ宮殿からインスピレーションを受けた“ブルー&イエロー”がテーマカラーです」

【画像15】タイル(フランス製)と調理器具や小物も“ブルー&イエロー”でそろえられてすてき!(写真撮影/片山貴博)

【画像16】水栓はオリュス社(フランス)のクラッシックデザイン。珍しいカラーシンクと共にフレンチ・カントリーなテイスト(写真撮影/片山貴博)

【画像17】洗面サニタリーでは、キッチンと同じタイルを大判のタイルと組み合わせたデザインに(写真撮影/片山貴博)

子育てと忙しい編集の仕事をもちながら「原稿を家に持ち帰ってでも、夕食は家族と共にしていました」と横山さん。このキッチンを見れば、庭づくりだけでなくお料理も相当お上手なのが分かります。

【画像18】キッチンでコーヒーを入れながら、こだわって選んだキッチンの建材についても興味深いお話が(写真撮影/片山貴博)

キッチン天板は御影石。「天然石なので食器を落としたら割れるのよ。だから優しく扱わないといけないの、粗雑な私が治っていいのよね」。そういう考え方、筆者は共感するところ! 余りにも簡単で便利で安くなり過ぎると、物の扱いが雑になるんですよね。

しばらく話していると、「私はおやつに甘いケーキより、こんなキッシュのほうが好きなの」と、オリーブを添えて運んでくださった。

【画像19】気候が良いときは、お庭のテーブルで休憩されるそう。お茶でなく、「ホットワインが好きでね」と横山さん(写真撮影/片山貴博)

【画像20】温かいホットワインをキッシュと共にいただき、身も心も温まって幸せ満開の筆者!(写真撮影/片山貴博)

落ち着いたインテリアの中、バイオリンのクラシック音楽と共に聞こえていたのは、水槽の優しく心地良い水の音。

【画像21】ご家族写真の下にある水槽。「夫が家での時間が⻑いから、何か生き物が居ると良いと思って飼った熱帯魚なの」(写真撮影/片山貴博)

お話の随所で亡きご主人との思い出話が出てきて、まだその存在も感じられるお住まいでした。お二人で丹精こめて造り上げた家と庭、文字通り素晴らしい“家庭”を築かれた横山さんのお話に感動しきり。

【画像22】Quality of Life、豊かな住生活を営むお手本の横山さん(写真撮影/片山貴博)

20代から50代の好奇心と行動力で走り切った半生と、今70代で新たなステージを歩み始めた横山さんのこれからを、ロールモデルとして私は追いかけて行きたいと思いました。

横山禎子
1946年愛媛生まれ。婦人生活社で『服装』『sesame』など雜誌編集者として第一線で活躍。23歳で結婚。『sesame』では子育てママの実体験を通じた読者視点の企画が好評を博す。50歳でガーデニング誌『BISES』(2017年1月発行号にて休刊)の編集に加わり20年間、庭のあるライフスタイルの魅力を提案し日本のガーデニング市場を牽引してきた。現在は地元で里山の保全やフットパスのNPO活動、山歩きなどを楽しむ。
(藤井 繁子)






スポンサーリンク