Sponsered Link

 

 

————————
広告の代わりとなる手段
————————



建築は幅広く
ここでは住宅にしぼりますが、




あまりにも競争相手が多く、

家を建てようと思っていても
どこが自分にふさわしいのかわかりづらくなっていると思います。






そして
実際探すとなれば

モデルハウスを見に行ったり
書店やWEBで調べたりするはずです。




特に
WEB検索をしてモデルハウスに行く、または
資料請求をするということになるのですが、




これでは
資本力のあるハウスメーカーや設計事務所の
独壇場になってしまいます。






お客様にとっても

他の建築会社や設計事務所も知りたいと思っているはずなのですが
見つけられずに困ったあげく、
知り合いに相談したり、建築関係の知り合いに聞いて回るという
ことを繰り返しています。






そして

家を建ててしまってから、

「ここに頼めば良かった」と後悔している
お客様を私は何人も見ています。



ということは




お客様はあなたを見つけられずに困っているということです。




ですから
目に付くハウスメーカーや建築会社にとりあえず
相談するという人が大半となっています。


この流れのままでは



あなたを見つけられないお客様にとっても、
そして
確かな技術を持っているあなたにとっても大きなデメリットしか
ありません。






———————–
その問題を解消するには
———————–





ではあなたの魅力を伝えようとしたときに、

手っ取り早いのは
広告という手段です。


でも安くはないですよね。


多くの人が目にする雑誌に広告を打つとなれば
数十万円というお金が必要となります。




でも
最近ではその効果も薄くなっています。


なぜわかるのかと言えば
実際広告を何誌にもだしたハウスメーカーの経営者から
聞いたことがあるからです。


そりゃそうですよね。

家を購入する人は20代から30代の若者が中心で、
その人たちが使っているデバイスはスマホとなっているので
わざわざ書店に行かなくても情報を得られていますから。






————————-
あまりにも簡単すぎる方法
————————-



そこで

広告の代わりとなる手段を使うということに
なっていくのですが、

それは
あまりにも簡単すぎる方法なのです。


そしてあなたに打って付けの方法を具体例とともに紹介します。



建築集客






g3820-1000









Sponsered Link



↓【お客様はあなたを見つけられずに困っています】

 

 



新築、リフォームの見込み客の集め方

 

「待ち」から「攻め」へ転じましょう

 



  CADデータ集(TVボード・システムキッチン・スチール階段)

 


  特集記事コントリビュータ

 


  コントリビュータ

 


  集客ツールの使い方

 




家の不安解消



お問い合わせはこちら


Sponsered Link