May 31, 2018 | Design | casabrutus.com | text_Housekeeper

人気陶芸家の個展には、朝早くから長い列ができています。6月9日発売の7月号『行列のできるうつわ作家』では、そんな注目すべきうつわ作家50人を紹介。そして特集の巻頭では、かしゆか商店【特別版】と題して、うつわ作家さんの工房を訪ねることになりました。

「うつわの特集号をつくるので、かしゆか商店もうつわ作家の工房に行きませんか?」そんなやりとりから始まった、今回の「古今東西 かしゆか商店」。

本特集は、「並んででも買いたくなる」うつわと、今注目のうつわ作家50人を紹介した特集ですが、かしゆかさんご本人も、実際に朝早くから個展に並ぶという、大のうつわ好き。今回は、実際にご自身も愛用しているという奈良のうつわ作家・高島大樹さんの工房を訪ねました。

表紙の写真では、実際に高島さんの工房を訪れて、完成間近のうつわを目にし、まるで宝の山を見ているような、そんな一瞬をとらえました。


2018年4月号から始まった「古今東西 かしゆか商店」。金沢の白磁、大分の竹細工、徳島の藍染和紙、奈良のうつわ…、一生ものと呼べる手仕事を探し、“ひとり全国ツアー”を続ける、かしゆか商店の今後の展開にもご注目ください!


「古今東西 かしゆか商店」とは…

Perfumeかしゆかが、店主兼バイヤーとして、日本各地の伝統工芸の「粋」を集めに全国を訪れるバーチャルショップ。2018年4月号より連載スタート。本誌の連載の英訳もcasabrutus.comにて順次掲載予定。>>詳しくはこちら

樫野有香(かしゆか)

テクノポップユニットPerfumeのメンバー。8月にニューアルバム発売。9月にツアーがスタート。作家のうつわが好きで、SNSでも個展などの情報を熱心に収集中。
www.perfume-web.jp

Source: カーサ ブルータス Casa BRUTUS


Source: k-design.blog





スポンサーリンク