Sponsered Link

プロデュース手法については すでにあるスタイルに乗るか 独自に考えて試すかという二つがありますが すでにあるスタイルというのは マネした時点ですでに遅い?と思っています。 ですから移り行くものに目を奪われること無く 「自分にしか出来ない」技を磨くことに力を注ぎながら プロデュースの手法を独自に編み出そうと考えているところです(^_^)v どんなに優れた物を作っていても マーケティング次第の時代。 つまり売れているから良い物とは限らないということ。 個人の出来るマーケティングを いろいろ試しているところです(^_^) pinterest          









Sponsered Link