興味本位で始めたtsū(スー)が
とんでもない勢いで伸びています。

自分は友達は少ない方ですが
facebookの初期の頃と比べても
友達申請が日に日に加速度的に多くなっています。

そして
なぜ皆がtsūに集中しているかというと

この最初が肝心だということを
facebookで体験済みだから分かっているのです。
(今 facebookを始める人は少ないですよね(^_^;))

ですから
一日9時間も費やしている人もいる位です(^_^;)

ここで
fbに書いた記事数を思い浮かべると
短い言葉であっても トータルの文字数、
滞在時間を考えれば

fbの狙い通りにはまっていると言えるのかも知れませんね。

その一言の価値に
気付かせてくれたのが
今回のtsūです。

確かに
半分怪しいと思いながら始めたのですが
スポンサーにユニクロが付くなどし、
海外のTVでは特集も組まれている様子で、
日本の著名人はもとより学者の参加なども相次いでいます。

当然この動きはビジネスチャンスですから
これに乗じていろいろな仕掛けも目立ちますが

そこのところを
初めに理解していれば
良いと思う情報だけを収集するという考え方で
問題ないと思っています。

話は戻り

毎日
あれっ!と思うような人の参入も相次いでおり
これはただ事ではないとの思いがヒシヒシと伝わって来るので
自分も集中しているというわけです(^_^)

何だろう?
と静観しているのも良いとは思いますが

このムーブメントに参加するのであれば
今が一番面白い時期だと思っています(^_^)v

使い方は
fbをやっている人であれば
理解に三日もかかりません。

ただ

申し込みは
招待制となっていますので

こちらのリンクからだとすぐ始められます。

tsūを初めてみる

https://www.tsu.co/kawadesign

取りあえず
サイトも作ってみました(まだまだネタが少ない!(^_^;))

 

 

 

 

 

 

フロートテレビボードの価格表はこちら

CADデータ集 TVボードデータ キッチンデータ 階段データ
caddata150 1 なぜtsū(スー)に皆が集中しているのか? tvdata150 1 なぜtsū(スー)に皆が集中しているのか? kitdata150 1 なぜtsū(スー)に皆が集中しているのか? stdata150 1 なぜtsū(スー)に皆が集中しているのか?
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

 

 

スポンサーリンク