イタリアの人気ラジオDJ、ラ・ピーナさんをご存知ですか? 彼女は2017年にイタリアでベストセラーになった「I ♡ TOKYO(アイラブ東京)」という東京のガイドブックの著者。この本はイタリアで5万部以上を売り上げ、ノンフィクション部門で9週連続1位を記録した大ヒット本です。そんな話題作の日本語訳版が4月27日に発売されました。  ラ・ピーナさんは、イタリアのメジャーラジオ局「Radio Deejay」でレギュラー番組を持つ人気DJでミュージシャン。キャッチーな発言とキュートなキャラクターで人気なのだとか。 そんな彼女は現在47歳。彼女の夫、エミリアーノ・ぺぺさんは6歳年下のミュージシャンで、ナポリ出身のナイスガイ。彼女の経歴を聞くだけでもパワフルな印象を受けますが、一体どんな人なのか会ってみたい! 先日、ラ・ピーナさんとエミリアーノさんが来日すると聞きつけ、早速取材を申し込むと、快くOKのお返事がもらえました。取材場所に指定されたのは都内の民家です。リビングのソファに座ると、アサヒスーパードライ&キリン 氷結、そして柿ピーのおもてなし。もうすでに日本のことを熟知している様子が伝わってきますよね。そんな和やかな空気のなかで取材がスタートしました!↑ラ・ピーナさん(写真右)は、イタリアの国民的ラジオDJ。1970年6月20日生まれ。出身はイタリアのフィレンツェ。夫のエミリアーノ・ペペさん(写真左)もミュージシャンで、2人で何度も日本を訪れている  大人なのに子どもの心が見え隠れする”小さな人形”信仰にビックリもともと、ラ・ピーナさんが日本を大好きになったのは、ご両親の影響とのこと。建築家だったお父様に連れられて80年代に来たのが最初で、すでに50回以上日本に訪れているのだとか。そんな彼女にとって、東京は「サプライズでいっぱいのプレゼントみたいなもの」なのだそう。 「私の本がイタリアでヒットしたのは、日本に興味を持っているイタリア人がたくさんいるからです。イタリア人にとってはまだ日本はミステリアスな国。そんな日本を出発準備から細かく紹介した本はあまりなくて、これが評判の高い理由のひとつではないでしょうか。そして、私が今回、日本でも本を出すことになって一番気になっているのは、日本を”おもちゃの国”だと書いたところですね。これについて日本人はどう思うのかしら?」(ラ・ピーナさん) そう、キャラクターやマスコットといった小さな人形たちに囲まれて暮らす日本人が、イタリア人の彼女には不思議だったのです。言われてみれば、私たちは年齢、性別に関係なく、何かしらのキャラクターグッズを持っています。それは、早く大人になろうとするヨーロッパでは考えられないことなんです。 「ヨーロッパでは子どもっぽいまま大人になるのは良くないことだとされるので、みんな早く大人になろうとします。でも、そんなことしなくて良かったのかもしれないと、いまになって思うんです。日本のように子どものままでいるのは、繊細さやデリケートさを持ったまま大人になることなので、それはいいことなのかも。日本人はそうした部分にもっと誇りを持つべきですよ!」(ラ・ピーナさん) また、小さなものをかわいがるという気持ちが心を助けてくれることもあるのではと話してくれました。「もしかすると、お守りに近い感覚なのかもしれませんね。日本人はたくさんの規則のなかで早く大人になるから、心の中は子どものままというのがそういう部分に現れているのかも?」と、ラ・ピーナさんは考えているそうです。 エミリアーノさんは、この”小さなモノ”をリスペクトする日本人の習慣を、テクノロジーにも感じています。その代表は“喋るエレベーター”。「あんなふうに喋るエレベーターを蹴ったりできないよ。だからこそ日本人は礼儀正しくいられるのかもしれないですね」。 そんなエミリアーノのさんの話を受けて、ラ・ピーナさんはこう話します。「ヨーロッパと違い、日本は住宅環境が狭いぶん、心地よく使うための工夫を感じます。だからこそ、エレベーターが話すといった、強いこだわりがあるのかもしれません」。日本ならではの“居酒屋カルチャー”のいいところ日本が大好きな彼女ですが、この取材のように日本人とじっくり話すのは初めてだそうです。「10年前はこうやって自分の滞在するところへ日本人が4人も来るなんて想像もしなかったわ(笑)。田舎では家に寄っていきなさいと言われることもあるけど、東京ではそんな経験はなかなかないですからね」(ラ・ピーナさん)。 そんな東京でも気軽に日本人とコミュニケーションできるのが、なんと居酒屋。「居酒屋では酔っ払っているおじさん達が話しかけてくるんです。それが楽しいから、居酒屋が大好き!」(ラ・ピーナさん) 日本を訪れる海外の人がこんな風にコミュニケーションを求めているとは考えもしませんでした。この話を聞いてからは、飲食店で外国人にもっと話しかけてみようかなと思わされます。 居酒屋以外にも、お好み焼きやしゃぶしゃぶも大好きで、その理由はなかなかユニーク。「レストランに来てお金を払って、どうして自分で料理しなきゃならないのかと思うから、それが楽しいんです」(ラ・ピーナさん)。エミリアーノさんも「イタリアはレストランに行ったら王様のように何でもサービスしてもらいたいと思うから、本当に不思議だよ!」と驚きの様子でした。  お気に入りの街はシモキタと原宿今回の取材でお邪魔したこの民家は、どうやら「Airbnb」を使って借りたのだとか。2人は日本に来るときはできるだけ民泊を活用していて、毎回違うエリアに泊まるというこだわりがあるそうです。 「イタリアでの暮らしも愛しているから、日本に引っ越すことはないんです。でも、こうやって民泊をして、日本の暮らしを体験しに来るのが大好き。でも、イタリアに帰るとすぐに日本が恋しくなって、なかなか日本に行けないとストレスが溜まるんですよね(笑)」(ラ・ピーナさん)↑今回宿泊したのは都内の一軒家。筆者がお邪魔したときは、近所の子どもがラ・ピーナさんたちに「こんにちは!」と挨拶しているのを見かけたほど、日本での日常に馴染んでいた そんなラ・ピーナさんのお気に入りの街は下北沢で、行きつけのバーもあるそうです。エミリアーノさんはファッションが好きということもあって、原宿が大好き。去年はキャットストリートで民泊し、大好きな街の大好きな場所に泊まれるということに興奮したのだとか。 では、逆にラ・ピーナさんたちに日本人におすすめしたいイタリアの街はどこなのか聞いてみると、開口一番エミリアーノさんが「イタリアの街は世界で一番美しいから、全部行かなきゃだめだよ!」とのこと。一方のラ・ピーナさんのオススメは「アドリア海沿い」。下田や熱海のような趣きがあるそうです。あとは、人が親切なボローニャも旅行者には優しいとのこと。 今回、日本語版が出版された「I ♡ TOKYO(アイラブ東京)」は、ラ・ピーナさんから東京に向けたラブレター。いまは大好きな人に告白して、その答えが少しずつ見えてきているところだといいます。日本で暮らす私たちにとっても、外国から日本がどう見られているのかがわかって面白いのがこの本のいいところです。東京の良さを再認識してみてくださいね。

Source: フロートテレビボードを全国へ





スポンサーリンク