キングジム、トースターなどキッチン家電を試せるアンテナショップ。バルミューダとの食べ比べも




 キングジムは、同社グループの製品を試せる体験型のアンテナショップ「Toffy(トフィー) 自由が丘」(東京都目黒区自由が丘 2-8-15)を、12月19日にオープンする。営業時間は、平日が11時~20時、土日祝日が10時~19時。

【この記事に関する別の画像を見る】

 カフェスペースを併設した、体験型のアンテナショップ。グループ会社であるラドンナの「Toffy キッチン家電シリーズ」を中心に、キングジムの女性向け文房具ブランド「HITOTOKI」や雑貨などを取り扱う。このほか、バルミューダやデロンギなど他社のキッチン家電も販売し、比較検討しながら購入可能。

 店内は2フロアで構成され、1Fで製品を販売。2Fは製品を体験できるカフェスペースとなっている。

■トースター4機種を使った食べ比べも。コーヒーはその場でドリップ

 カフェスペースでは、店内で取り扱っているキッチン家電を使用可能。メニューに「トーストお試しセット」を用意し、2枚の食パンを複数のトースターで焼いて食べ比べできる。トースターは、ラドンナ「Toffy オーブントースター」、「Toffy ポップアップトースター」、バルミューダ「BALMUDA ザ・トースター」、日本エー・アイ・シー「Aladdin グリルアンドトースター」の4機種から選べる。

 食パンは、1933年創業の老舗ベーカリー「ブランジェ浅野屋」のゴールデンブレッドとスペシャルブレッドを使用。いずれもバターや生クリームをたっぷりと配合したリッチな味わいで、トーストにするとその美味しさがいっそう際立つという。

 「トーストお試しセット」の価格は500円で、食パン2種類(ゴールデンブレッド、スペシャルブレッド)、バター2種類(フランス産、国産)が提供される。チーズトーストセット(価格:400円)も用意し、食パン1種+チーズ2種が楽しめる。あわせて、季節のおすすめジャム5種(価格:200円)もトッピングとして用意する。

 コーヒーは、「Toffyコーヒーメーカー」でドリップ。堀口珈琲監修のもと、Toffyコーヒーメーカーに最適化されたオリジナルのコーヒー豆「Toffyブレンド」を使用する。エチオピア産のコーヒー豆2種類をブレンドしており、フローラルな香りとラズベリーのような酸味と甘味を特長としている。

 コーヒーメーカーはテーブルごとに用意され、その場でドリップ可能。目の前で抽出までの香りや時間を手軽に楽しめるという。価格は、2カップ分が500円、4カップ分が800円。1カップ分をスタッフにドリップしてもらうことも可能で、その場合の価格は300円。

 トーストとコーヒーを試食したところ、トーストはサクッとしており、風味が豊かで噛めば噛むほど味が広がる。コーヒーは酸味がありながらもまろやかな口当たりで、トーストとの相性も抜群だった。

■文具や雑貨だけでなくキッチン家電にも広がるキングジムグループ

 キングジム 代表取締役社長 宮本 彰氏は、アンテナショップの展開について次のように語った。

 「キングジムでは、ここ数年のM&Aによりさまざまな商品を展開しています。文具や雑貨に収まらず、キッチン家電や組み立て式の家具などに広がっています。これらの製品はキングジムグループの柱の1つで、さらに伸ばすためにはユーザーの声を反映するほか、実際に触ってもらえる機会を増やすことが大事だと考えました。今回のショップでは、ラドンナのキッチン家電をメインにし、展示販売するだけでなくカフェで実際に触ってもらえます。来年中には新店舗も予定していますので、楽しみにしていてください」

 カフェスペースでは今後、有料ワークショップも実施する。キッチン家電を使った料理教室や、アロマ関連商品によるアロマテラピー講座、ハンドクラフト講座などを予定しているという。





スポンサーリンク