クレーム覚悟の家具開発(^_^;)

=不自然の演出=

人間の目は
バランスが取れていないものには
違和感を覚えるみたいです。

ですから

左右対称=シンメトリーなデザインが好まれるのでしょうね(^-^)

その
見た目のバランスをあえて崩したら?

と思い

私は10年ほど前から
意識して違和感を与えるように試行錯誤していました。

はっきり言って
製品として確立していないものなので

頼るものは経験値くらいのものですから

そりゃあ 不安はありました(^_^;)

まして
私のプロデュースする家具は
据付家具と呼ばれるものですから

不具合が生じると

壁や床、天井にまで
影響がでるというとてもリスクの高い性質のもの
ですから

モデルハウスでの設置をしてから
その後の経過を慎重に見守り

お客様からの要望が
あった場合には

「プロトタイプの家具です」

と言って
施工させていただいたという訳です。

それでも
モデルハウスに展示してその後の様子を見たとは言え

実際、

施工したお客様の家で

不具合というものは
想像範囲を超えたところに出るもので、

「えっ!」 「ええっ!」

ということも
何度もありました(^_^;)

その度ごとに
背に冷たいものが流れたものです。

そして
その度ごとに
手直しをするわけですが、

壁やクロスのやり直し箇所も
当然出るわけです。

そういう時には
ハウスメーカーがその経費を黙って
不問にしてくれました。

===感謝!===
===感謝!===
===感謝!===

=チャレンジャー的なハウスメーカーとディフェンダー的なハウスメーカー=

いずれにしても

その施工をさせていただいた(お世話になった)
ハウスメーカーも

今思えば

「世に出る」 というチャレンジャー的な姿勢を
強く持っていたので、
私も貴重な経験を積むことができたというわけです。

そのような課程を経て
生まれた家具の一つが

この

フロート式TVボードです(^-^)

>>サンプルデータ<<

にも収録しています。

ただ、
お断りをしなくてはなりません。

「図面は、あくまでも図面」だということ。

つまり

作り手と、構造、強度面の
打ち合わせが不可欠
だということを理解してください。

そうして
製作の工程が確立すると、

今後はあなたの作品として
提供できるということになります(^-^)

是非

苦労覚悟で挑戦してみませんか? (^-^)

 
 
 

 

50,000件のリフォーム事例をカンタン検索【ホームプロ】

 

リフォーム ホームプロ

 

スポンサーリンク