本日

ハウスメーカー検索に使うキーワードの話をします。

そしてなぜタイトルが

「コンパクト住宅が得意な設計事務所」

なのでしょうか?

そのわけをお話します。

この業界に長くいると
お客様の視点に立つということが難しくなっています。

それは
モデルハウスの見学や
リサーチの仕方なども慣れているからです。

パッとみればグレードの善し悪しも判断できますし、
担当者と話してみればどのくらいのスキルを持っているかも
わかってしまいます。

つまり

人任せにしなくても自分で判断できるため
あえて細かな検索もしなくても事足りるからです。

ですが

初めて家づくりを計画する人はそうはいきません。

どのハウスメーカーが自分にとってふさわしいかと
細かなキーワードを並べて検索をします。

そしてそのワードもさらに細分化して
リサーチを心がけるのですが、

***

肝心のハウスメーカーや設計事務所で
そのキーワード対策をしていないため
探している人に見つけてもらえないのです。

例として

ちょっと以下のキーワードの組み合わせで
検索すると分かりますよ。

*自分が探すとした場合は

キーワードを一つだけではなく
複数ワードで検索したり、
文で検索をします。

モデルハウス見学 リフォームを計画

ハウスメーカー比較 キッチンリフォーム

センスの良いハウスメーカー 低価格

インテリアが優れたハウスメーカー

キッチンを得意とする設計事務所

モダンデザインでリーズナブルな家

ペットと暮らす家が得意な設計事務所

コンパクト住宅が得意な設計事務所

○○(地域)の工務店

二人で暮らす家

エコな家作りが得意なハウスメーカー

と際限なく出てきますが

ここで言いたいことは

***

漠然と検索はしないということです。

ですから

ただ

家の新築をお考えの方に・・・

とか

○○地域の工務店

だけでは
お客様に届かないということになります。

では

確実に以上のキーワードで
見つけてもらう方法はないのだろうか?

とお思いかもしれませんが、

今では

難しいことではなくなっています。

ただ

ほんの最近まで
公開されていなかったというだけです。

→新築、リフォームの見込み客を集める具体的な方法

2-600

↓『お客様はあなたを見つけられずに困っています』

新築、リフォームの見込み客の集め方

「待ち」から「攻め」へ転じましょう

 

『お客様はあなたを見つけられずに困っています』

 

 

 

集客ツールを無料で受け取る

 

 

  CADデータ集(TVボード・システムキッチン・スチール階段)

 

  特集記事コントリビュータ

 

  コントリビュータ

 

 建築集客ツールの使い方

 

 

 

 





スポンサーリンク