家具

の構造を理解すると

スケッチが書けます。

CADはあくまでも
清書ツールなのです。

ですから

職人さんとの打ち合わせでは

むしろ
スケッチが好まれるのです。

ただ

お願いする

というところから
脱するためにも

構造を理解するようにしていきましょう(^-^)

***

私は

お客様との打ち合わせでも
スケッチを多用し、

箱の内部の
有効寸法は
即座に言えるようにしているんですよ(^-^)

スケッチだけで家具は作れる

>>アイディアブックより<<

▼▼▼
[アイディアブック] を読んでいただくには

▼▼▼
限定公開[家具設計のノウハウ資料]の全容をお届けします!! ⇒家具設計.jp

 
 




スポンサーリンク