3年ほど前に中古マンションをリノベーションした我が家。自分たち家族に合った暮らしやすい家にするために、動線や収納などの仕組みにはこだわりました。その中でも一番こだわったのはキッチンでした。ここを仕組み化しなければ暮らしやすい家になることはない!とすごい意気込みだった当時の自分を思い出します。 【詳細】他の記事はこちら ズボラな私とオープンキッチン こんにちは。整理収納アドバイザーのmaikoです。 まず、我が家のキッチンをご紹介します。タイトルにある通りのオープンキッチンです。 そしてもう一つタイトルにある「ズボラ」のワード。 毎回のコラムでお伝えしているかもしれませんが、非常にめんどくさがり屋の私。でも整った家が好き。という自分の特徴を把握した上で選んだオープンキッチン。 めんどくさがり屋なら、整ったキッチンを保つのは難しいのでオープンではなく隠した方がいいのでは?というのが普通の意見でしょうか。 では、めんどくさがり屋の私がオープンキッチンを選んだ理由をご紹介します。 愛着も大切な仕組みです 第一にオープンキッチンへの憧れ、見せるキッチンへの憧れがありました。 単純に好みの話ですね。気に入ったキッチンを作り、愛着から大切に使い、そして整えることができるように。これも一つの仕組みと言っていいと思います。 ただ、それだけでは決断するには材料が足りません。そこで、自分の分析を進めました。 ストレスのポイントを分析します めんどくさがり屋の私、実は料理もそんなに好きではありません(これは分析するまでもないことです…)。 賃貸だった旧居では、あまり好きではない料理のために、キッチンに向かうことが一番面倒でした。 というのも、旧居のキッチンは対面ではあったものの、本当に小さな小窓がついていただけで、「対面キッチン」というよりは「壁の向こうの別の空間」でした。 めんどくさがり屋の私からすると、壁の向こうの別の空間に行くことは非常に面倒に感じることでした。 では、リビングにキッチンがあればいいのでは…ということで、リノベーションでは、キッチン・ダイニング・リビングの境目を曖昧に設計しました。 そしてもう一つ、キッチンが壁の向こうにあったことで起きていた弊害。 壁の向こうということで、リビングから見えません。乱れていようが整っていようが見えません。 めんどくさがり屋の私は、見えないところまで整えようとする気力が湧きません。 食後のキッチン、いつまでも片付きません。 また、食後にリビングでくつろぐ旦那さんと子供。なぜ私だけが、壁の向こうの異空間へ…という気持ち。 ですが、整っているのが好きな私は、見えていないけれど片付いてはいないという事実にはモヤモヤ。作業の負担というより、心の負担大です。 もちろん旦那さんが片付けを引き受けてくれることもあったのですが、やはり壁の向こうというのがやる気をなくすのか、食器をシンクに運んでからしばらくの時間放置。「あとでやるから」などと言っていました。 我が家に、「壁の向こうの別の空間」は合っていませんでした。 めんどくさがり屋ということより、料理が好きではないことより、「壁の向こうの別の空間」が一番の敵ということがわかったのです。 では、裏を返して、「壁のない一体の空間、そして丸見え」。これで解決できるはず!ということになりました。 ストレスのポイントを仕組みへ そしてリノベーション完成後、暮らし始めてみて、勝利を勝ち取る私(笑)。 キッチンでの料理、片付けの心の負担が驚くほど減ったのです。 リビングにいる家族と会話しながら作業できるので、気軽にキッチンに立つことができます。 食後も、丸見えのキッチンが片付いていないと落ち着かないので、すぐに片付けようという気持ちになります。そしてその際も、リビングと一体の空間なので、「キッチンに行く」というほどの感覚ではありません。 私にとってオープンキッチンにしたことは大きな大きな仕組みでした。 自分に合った仕組みのススメ それにしても、自分でも書いていて恥ずかしい分析です。ですが、「自分に合った」ということは本当に大切です。 作業に集中したい、自分の空間にしたい、などの理由で、独立キッチンがいいという方もいるでしょうし、オープンな空間がいいけれど、手元のごちゃごちゃは隠したい、という方も多いと思います。 仕組みの作り方に正解はなく、「自分に合った」答えを見つけるために分析する、自分を知る、ことは大切なことなんです。 今回の私は、リノベーションでキッチンを一から作ることができましたが、そうではない状況だからといって諦めることはありません。制約のある中でも、分析を重ねて自分に合った仕組みを考えて改善することはできます。 今回のコラムのテーマは、「オープンキッチンのススメ」ではなく、「自分に合った仕組みのススメ」でした。

引用:ズボラな私がオープンキッチンを選んだ理由 – ライブドアニュース




スポンサーリンク