Sponsered Link

 

の構造や、性能というのは
ハード面の事である為

一般の人間には分かりづらいことであり
関係ないと言ってしまっても良いと思います。



ただし

車や

家電などの

成熟市場の場合は
それでも良いと思いますが、



家の場合は

欠陥住宅という問題が
あちらこちらから聞こえてくるということは
まだまだ成熟していない業界だと言えるでしょう。



ですから

住宅の性能や構造についても
多少は知っていたほうが良さそうですが

私自身
何度聞いても分かりません(^_^;)






きっと

家具についても
皆さん同じように感じているのでしょうね(^-^)



こうなると

もう
信用度の違いと実績で判断するしか無いのかも知れませんね!



それはそれとして

・・・


先ほど

家の構造や、性能というのは
ハード面の事として、

住みやすさ、使いやすさという
ソフトの面を強化して欲しいと私は考えています。



そうでなければ

家に合わせた生活を強いてしまうことに繋がりかねません。



おかしいですよね、
人に合わせた家であるはずなのに・・・



ですから

家は
長年住むものであるということを考えての、
将来予想されることに対するアドバイスなどあれば
きっと喜ばれると思います。



例えば
トイレの数、


1Fにはあっても寝室のある2Fには予算的に
付けるのを止めた経験がありますけど


数年前から

これは失敗だった!
と痛感したことがあります。

加齢とともに
トイレの度、
階段の上り下りが辛くなってきたからです(^_^;)




家を建てる時に
アドバイスの一つもあったなら・・・!

と後悔したのです(^_^;)


そんなことを考え出したら

家の建築には
足りないアドバイスが沢山あることに
気がつきます。


ですが

仕事である以上
工事の期限は必ずあるのですから

アドバイスをもらえていなかったと
言っても、そもそも全てをカバーするアドバイスを
求めることに無理があるということです。



ですから

家を計画したら
早く住みたい!

という気持ちは痛いほど分かりますが
この先20年も30年も住み続けることを考えたら
やはり準備にいくら時間がかかっても良いという結論に
たどり着きますね。






wc03-1000












↓建築関連




Sponsered Link

 

 






→フロート式(浮いている)TVボードをあなたの家に【全国販売開始】






→ブログやホームページへの集客が売上に繋がらないわけ【メルマガ戦略が不可欠】







家の不安解消



お問い合わせはこちら


Sponsered Link