Sponsered Link

高齢者住宅はサービス付きかどうかがポイントらしい

サ高住は本来、施設ではなく「賃貸住宅」なので、その入居資格や入居関連費用に介護保険制度は直接、関わっていない。対象には介護を受けていない高齢者まで幅広く含まれるから、そのマーケットはかなり大きい。

 

 

ドラッグストア大手が「高齢者住宅」を建設・運営するワケ
 大手ドラッグストア・チェーンの店舗は、高齢の生活者にとっては「なくてはならないワンストップ・ショップ」であり、ある意味、コンビニや食品スーパーよりも重要な小売業態と言える。サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)など「高齢者住宅」にテナントとして入るだけでなく、最近はその建設・運営を自ら手がけ「需要創造」するチェーンも現れた。高齢者の日常の買物はほとんど事足りるので、大きな病院までの送迎手段さえ確保すれば、交通不便な場所でも高齢者住宅が建てられる。地価の安さ、政府の補助、税制優遇、そしてチェーンの看板を活かし、収益を確保できる。

【詳細な図や写真】サービス付き高齢者向け住宅の登録数の推移(出典:国土交通省住宅局)

 

 









Sponsered Link



Sponsered Link