ナスタ(東京都港区)は、戸建て住宅向け宅配ボックスの設置バリエーションを拡充。据え置き設置に対応する「据置タイプ 高床式幅木」と、荷物を出し入れしやすい「ポールタイプ」の受注を6月1日に始める。どちらも既発売の宅配ボックス本体(レギュラー6万5000円、ビッグ7万5000円)と組み合わせて使う。

 「据置タイプ 高床式幅木(H250タイプ)」は、要望が多く寄せられていた雨天時の水はねに配慮した高さ250mm、フェライトステンレス素材の幅木部材。レギュラー用が1万7000円、ビッグ用が2万円。

 「ポールタイプ」は高さ1450mmのアルミポール部材で、降雪地域にも対応する。レギュラー・ビッグ用とも3万4800円。

●ニュースリリースはコチラ

Source: 新建ハウジングDIGITAL(新建新聞社)


Source: k-design.blog





スポンサーリンク