Sponsered Link

ハウスメーカー(建築会社)は
人や業者の入れ替わりが激しい業種であるからこそ気をつけたい!





仲の良い友人が

「私、家を建てたいと思っているんだけど
どこか良いハウスメーカー知らない?」


と訪ねてきた。


という経験は
30代ともなると色々聞こえてくると思います(^-^)


その時にあなたならば
どう答えますか?

最も多い答えは
知り合いに建築屋さんがいるから、とか

評判が良いハウスメーカーだから
一度訪ねてみては?

とか
身内が建てたハウスメーカーを紹介してあげる

のいずれかだと思います。


これはこれで普通のことで、
あながち間違いではありませんが、


果たして
そのハウスメーカーは良い状態のままでしょうか?
と言われると自信を持てなくなるのではないでしょうか。



なぜ
そのようなことを話すのかというと


今も昔も
ハウスメーカー(建築会社)にとって
人材の確保と流出の歯止めが一番の課題だからです!



当然、取引業者も同様です。


では
有能な人間の流出が止まらない理由とは何でしょうか、


ズバリ

独立志向の人間が多いからの一言です!

特に
肝心要の

設計においてです!


ですから
建築業界とは
独立を目指す人間の集まりと言って良いのです。

ですから
ハウスメーカーや建築会社は
独立しようとする人間を時間や経費をかけて育て、

独立する時には喜んで
送り出すという複雑な使命感を持っていると言えるのです。


ところが
その後
同じような建物を建てられ

「裏切られた!」

という思いの経営者も少なくないと言われています。



これらのことから

私は
知り合いや友人に対しては


「ハウスメーカー(建築会社)にも「旬」がある」

と言うのです。


そして
その内部情報は
一般の人に知られることがあまり無いために

知らず知らずのうちに
家や家具の仕様、グレードに始まり
デザインの変貌へと繋がっていくのです。


では

この詳しい
内部情報を一番知る立場にあるのが
取引業者間のネットワークだということは
ご存知でしょうか。

例えば
家具工場や他の協力業者のところに行くと、

○○と取引している電気屋さんが
こういう話をしていったよという類の話をしていることは
よくあることで、

○○は予算的に厳しいので
こちらから断ろうと思っている とか

○○は危ないという噂が出ているから
気をつけたほうが良い

などという
遠慮のない話が飛び交っています(^_^;)


話は戻って、

知り合いや友人に

「私、家を建てたいと思っているんだけど
どこか良いハウスメーカー知らない?」

と尋ねられたら

件のハウスメーカーや建築会社に

>>家具設計.jp<<

にある
資料を見せると良いと思います。

この中の資料を見て
どんな反応をするかで

そのハウスメーカーや建築会社の
レベルが推し量れます
から

是非お試し下さい!

Sponsered Link

0c15e0b1c60c01879d7bb65119aa5c0f_s

 

▽▽▽
「このハウスメーカーの家に住みたい!」
と言われるハウスメーカーの躍進には
家具が深く関わっています!


詳しくは
>>家具設計.jp<<

 

 












Sponsered Link