ハウスメーカーっていろんなタイプがあって、どこを選べばよいのか迷ってしまいますよね。大きな大きな買い物であるからこそ、ハウスメーカー選びでは、絶対後悔したくありません。実際に家を建てた人の経験談を聞いてみると「信頼できる営業マンかどうか」が重要な共通項として浮かび上がってきました。日刊Sumaiの過去の記事の中から、「ハウスメーカー選び」のヒントになる記事を3本ご紹介します! 1.何十年先まで考えてくれる営業マンがいい!「ハウスメーカー選び」の決め手になった営業さんの特徴3つ【二拠点ギリギリ日記】マイホームを建てるとき、まず最初に接触するのは、ハウスメーカーの営業マンです。ハウスメーカーの個性や特徴、サービスなど、分からないことだらけで、まさに手探りの状態。それぞれのハウスメーカーの印象は、営業マンの言動で大きく左右されます。信頼できる営業マンには、どんな特徴があるのでしょうか。連絡がこまめでぐいぐい引っ張っていってくれる営業マンも頼もしいのですが、大切なことは、ほかにもあります。家を建てるとなると、つい家という「ハコ」の売り買いにばかり目が行きがちです。しかし、これから何十年と住むことを考えると、周辺環境や都市計画など、広く遠く長く先を見据えた、生活面からの視点も重要です。その辺までしっかり配慮してアドバイスをしてくれる営業マンを見つけると、家づくりの満足度も高くなるようです。 2.こんな営業マンには出会いたくない!後悔しない!「ハウスメーカー営業担当」との上手な付き合い方って?家を建てるとき、何社も比較検討しながらハウスメーカーを渡り歩くことも珍しくありません。ハウスメーカー選びの最中は、残念な営業マンに出会うこともしばしば。気が弱いと押しが強い営業マンに負けて、本意ではない契約を結んでしまう心配もあります。こちらの記事では近づいてはいけない営業マンの特徴年定価の3つを挙げています。口を開けば「とりあえず契約!契約!」施主の要望を真剣に聞いていない傲慢で自分のペースに巻き込もうとするまた、施主としてしっかり意見を伝え、交渉上手になる努力も必要です。理想のマイホームをつくるには、営業マンとコミュニケーションをしっかりとるスキルを鍛えていくことも大切なようです。 3.どのハウスメーカーも「我が家の財政状況」を知りたがる【こだわりのない、大切な家】「ハウスメーカー選び」の基準は、後悔を最小限にすること!?住宅は、構造の仕組みや施工法、材質など、専門的な話が多く、なかなか複雑。素人には、理解しようにも、限界がある世界です。分からないことを営業マンが丁寧に説明してくれたり、どういう選択をとるとベストなのかをアドバイスしてくれたりすると、安心感にもつながります。営業マンの姿から、「問題が生じたときに対応してくれる会社かどうか」を見極めることができるかもしれません。また、マストで記入を求められるのがアンケート。「年収は?」「仕事は?」「いまローンは抱えている?」「頭金は?」「予算は?」。一見、希望の間取りやインテリアについて記入を求めているようでありながら、実際はお金に関する調書のようなアンケート。キャッシュで支払えないかぎり、多くは何十年ものローンを背負うわけですから、当然といえば当然ですよね。だからこそ「どんな家を建てたいのか」という自分たちの目標をしっかり立てたうえで、その信念に沿ってきっちり応えてくれるハウスメーカーを探すと、あとで後悔することも少なくなりそうです。

Source: フロートテレビボードを全国へ





スポンサーリンク