Sponsered Link

 

 

建築というメインビジネスに集中するためのサイドワークス

 

 

【11年前に脳出血で倒れた私が現在している仕事の仕方】

 

 

副業の是非は今更ながら、

たとえ
好きな仕事に関われていたとしても
10年先どころか1年先も見えないのが現実です。

大企業と呼ばれた会社の買収や倒産も珍しくありません。

 


ですから
雇用されていても安定・安心とは言えない世の中であることは
言うまでもありませんし、

自分の身に何がおきるかも知れないと頭では分かっていても
実際経験してみないと本当にわからないものです。

 


なぜ言えるのかというと、

 

今から11年前に、
私は突然、(予兆もなしに)脳出血で倒れてしまうという
経験をしたからです。

 

ついさっきまでピンピンしていたかと思っていても
人は倒れるものだということです。

 


これは
特別な例ですが、


本業をおびやかす、職場での自分の存在をおびやかすことは
数え切れないほどあります。


ちょっと上げると、

 

①職場においては


人員削減、部所移動、早期退職、買収、ひどいもので解散(倒産)

などありますし、

 

 

②健康面で言えば、


療養が長期にわたる場合や、
私のように障害を抱えたとなると、その先一定期間の保証に終わり、
それから先は新たに生きていく場を探さなければなりません。

 


③家庭の問題としては、

介護問題があります。

 

 

これらの要因は
遠からず、自分の身に降りかかるものだと、
今から心の中だけでも準備したほうが懸命だとは言えせんか?

 

 


実際、

私は
親の介護のために(私自身、障害者ですが)
仕事に好都合な場所からの移転を余儀なくされ、
地方と田舎の往復をしていますが、

どうしても好きな家具の仕事にこれからも従事していくためにと
サイドワークも始める必要がありました。

 

それは、

地域に密着してしかビジネスが成り立たなかった
家具の仕事の可能性を求めるために参考となるのは
インターネットでのビジネスだったからです。

 


お客様の集め方や、
文章の書き方、
そしてメールの送り方、
ファイルの保存方法と資料のお渡し方などがそれに当たります。

 

そこで
その方法をしっかりと学ぶために、

ある
オンラインのスクールに入学し、
そのノウハウを学び始めたのですが、

3ヶ月後には成果が出始めたのには驚きました。

 

これは、
私の持つ情報を必要な人に届けられたということを意味しています。


そして

勤務時間外であっても続けられるこのワークならば、
本業を圧迫することなく、

むしろ本業においても心に余裕を持って続けていけると
思っています。

 

 


ですから

現在の私は
直接お客様に合うという形はあまり取れていませんので、

信用の置ける
協力会社と接客担当者におまかせをし、
工事を進めています。

そして
工場を紹介するなどの繋ぎ役もしています。


ですが


価格競争には積極的には参加せず、
丁寧なものづくりの思いを届けることを第一に考えています。

 

そして
設計の仕事をメインとし、
図面の販売やインテリアの記事の作成をしていますから、

アナログ面とデジタル面の両方で
家具の仕事に関わっています。

 

 

 

*ここからが
本題です。

 

サイドビジネスは今後急増し
ますます真偽のほどが分かりづらくなります。

(現に私もいまのスクールに入るまでは
インチキとも言えるビジネスに無駄な投資をしたものです。)

 

 


*まずはどのようなものか慣れておきましょう


ですが

当然、私のような無駄となった出費は避けるべきですが、

Sponsered Link


無料のノウハウは積極的に、
得て、


今のうちから

目を慣らしておくと良いでしょう。

 

必要に迫られてから、必死に探すと
かえって盲目的になり、つまらないものに手を出す恐れが高くなります。

 

 

 


効果が実感できる無料のツール  ←おすすめ


このようなツールは
実際使ってみるとわかるものです。


*使い方の説明が初心者には非常にわかりやすいものでオススメです。


効果が出なければ止めれば良いだけです。(^-^)

 

 

[ツール入手先*期間限定]

http://bit.ly/1p5KcfS

0-26-1

 

 

 

 

 

 



リスト自動収集ツール【無料版】の入手方法


「集客ツール」の使い方|三大SNSツールの使い方



★フロート式TVボードを全国へ


フロート式TVボードを全国へ


LINE@特典

 


★リフォームの盲点


高齢者のためのリフォームの盲点


家の困り事はどこに頼むべきか


家の不安解消だけでは足りません


★在宅で健康管理【遠隔診療→通院不要】


病院と薬局へ行く必要が無い【遠隔診療】が家や職場で受けられます

Sponsered Link