アイランドキッチン



リビングからも見え、

キッチンの正面からは
リビングのTVボードが見えます。






そして
ゲストが家に招かれて
最初に見るところでもありますから



この
アイランドキッチンとリビングのTVボードには
こだわりたいものですね。







そこで

家具のプランニングにも関わってくるわけですが、


オーナーの好みもそうですが
家のイメージをアップさせることを考えるようにしています。





そこで

問題となるのは
デザインは当然ながら


仕上げと色です。



これはもう
感覚としか言いようがないものですから

家の床や枠の色に合わせて統一感を図ることが
セオリーであるということにも頷けます。




私も
過去、ハウスメーカーのモデルハウスのプロジェクトにいくつも関わり、

多くの設計担当者やインテリアコーディネーターとの打ち合わせを
重ねて意見の交換をし続ける中で感覚を身に付け、

自分のスタイルと感覚がある程度固まったかなと思っています。






その統一感を図るという話ですが、




アイランドキッチンの意匠も

周りに調和させるか、
独自色を出すか迷うところですが



ここで紹介する
アイランドキッチンは

まさに

独自色を出すことにしたものです。







リビングにあるTVボードと
ダイニングのカップボードは
建物の枠の色に合わせ、


リビングとダイニングを繋げようとしたものですが

キッチンだけは
まるっきり違う材質を使ったということです。








その結果
どう見えたのでしょうか?







繋がりが途絶えたように見えましたか?





これは人によって違うところではありますが
オーナーには満足をいただけたようです。




ですから

家具とは
家のインテリアにおよぼす影響が大きいものなので

いまだに緊張しながら
プランニングを続けているというわけです。








kit1000




TVボード














↓よく読まれています【お見逃しなく】↓




新築、リフォームの見込み客を集めるツール




NEW ! facebookの差別化に=facebookにショップを持とう!






無人集客計画







フロート式TVボード価格表

 

 

 





網戸張替えが格安!一枚1000円【完全定額制】
リフォームサイト比較