こちらのサイトでは介護リフォームの実例が豊富なリフォームサイトを紹介しています。

不自由になって初めて知るバリアフリー

 

介護に必要なことは実は玄関アプローチから始まっています。
私も大怪我をした際、車椅子に乗りましたが家の玄関の前で
上がることができずに人に車椅子ごと持ち上げてもらったことがあります。

ですから
バリアフリーは家の前から考えておく必要があります。

さらにようやく家に入っても玄関の上がり框によって上がることが出来ませんでした。

それからというもの、
トイレしかり、階段しかり、
自分の家がいかにバリアフリーに遠く及ばないかが身にしみました。

取っ手の高さ、コンセントの高さ、手すりも両側に必要なことなど
目に付くことばかりでした。

私はそれまでに数百の家の工事の管理をしていましたが、
いかに無知で傲慢だっかを思い知ることになりました。

 

 

バリアフリーに関しては知識も拾いやすく
ある程度は理解していたと思っていましたが、

介護となるとまるっきり別の知識が必要ということが分かりました。

あるとき介護の現場を見たことがあり、
そこで働いている作業療法士や介護用品を作っている人などに話を聞くと、
体の不自由さは個人差があり、一人として同じ症状がないということを感じました。

さらに、階段手すり一つをとっても、握力がない人には両側に必要で、
さらに階段には踊り場が必ず必要だということも分かりました。

あげるとキリがないと言っても過言ではありませんので、
これは数を見なくてはいけないと痛感したということです。

ここで紹介したサイトは介護リフォームの事例をたくさん掲載していますので
介護リフォームの知識を蓄える意味でも見ておくと良いと思います。

 

介護リフォーム|全国でサービス展開中!→

 

 





一戸建て格安リフォーム
リフォームサイト比較