Sponsered Link

 

箱のデザインの時には


断面図を同時に書く必要があります。



それは

外形の寸法よりも


お客様にとっては

内部の有効寸法が大切だからです。




ここ近年の

収納ブームにより


お客様は収納と整理に関心があるからです。


ですから

箱の構造材の厚さ、
棚の厚さとか引出しの有効寸法に至るまで

設計図に反映させたいものです。


と言いますか、

これを知らずして
設計するほうが
怖いと自分は思います(^_^;)




しかしながら

以前にも話したとおり


家具作りのノウハウは
一般公開されていませんので

図面を書く人により
構造材の寸法がまちまちなのです。



これは

書いている(設計している)人も
きっと不安に違いありません。



収納するものに関しては
ミリ単位の誤差も許されないものも
あるのですから・・・



ここは

しっかりと把握するべきでしょう(^-^)


>>こちらで詳しく解説しています<<



箱の構造材の基本寸法



▼▼▼
[アイディアブック] を読んでいただくには

▼▼▼
限定公開[家具設計のノウハウ資料]の全容翌日お届けします!! ⇒家具設計.jp
 
 


リスト自動収集ツール【無料版】の入手方法


「集客ツール」の使い方|三大SNSツールの使い方



★TVボード価格表

Sponsered Link


メッセンジャーで見る


LINE@特典

 


★リフォームの盲点


高齢者のためのリフォームの盲点


家の困り事はどこに頼むべきか


家の不安解消だけでは足りません


★在宅で遠隔診療が受けられます【通院不要】


病院と薬局へ行く必要が無い【遠隔診療】が家や職場で受けられます

Sponsered Link