Sponsered Link

 

ミラーコンシェルジュが待ち遠しい

 

 

壁面にコンシェルジュが登場。一歩進んだスマートホーム

 
壁面にコンシェルジュが登場。一歩進んだスマートホーム

大手住宅メーカーはもちろん家電メーカーや通信業者、スタートアップなど、さまざまな企業が参入するスマートホーム業界は、IoT時代において、より大きな発展が期待されている産業だ。

しかし、世界と比べて日本の住宅はスマート化が遅れているといわれている。国内スマートホーム業界の発展を阻む大きな要因ともいえるのが、メーカーによる自社製品ユーザーの囲い込みだろう。日本企業は縦割り文化が浸透しているため、国内で販売されているスマートホーム製品は、メーカーごとに自社製品のみでつながるものが多い傾向にある。

今回は、国内メーカーの枠にとらわれず海外のシステムを採用することにより、汎用性の高い一括制御を可能にしたスマートホーム事業を展開する「ハナムラ」のCEO花村勇臣氏(以下、花村氏)に話を聞いてみた。

新宿ショールーム

インテリアとITを融合させた壁面システム「GLAS LUCE」

現在、ハナムラを代表する製品といえば、インテリアと映像、そしてITを融合させた「GLAS LUCE(グラスルーチェ)」だろう。GLAS LUCEは、室内インテリアのトーンを壊しがちなテレビなどのモニターを特殊なマジックミラーによって隠し、スイッチを入れると空間を美しく演出する映像が現れるハイエンドな壁面システム。現在は一般家庭のほか、高級ホテルやショールームなどのラグジュアリーな空間にも採用されている。

もともとはインテリアデザインの事業を営んでいたという花村氏だが、スマートホーム事業に参入したきっかけを聞いたところ、GLAS LUCEからの延長がきっかけだったと語る。

「GLAS LUCEを開発したことによってTVやセキュリティカメラ、デジタルフォトフレームなど、リビングにあった複数のモニターは存在を消すことができました。しかし、テーブルの上にはたくさんのリモコンが残っていたんです。なんとか一つにまとめられないかと考えていたところ、iPod Touchが世の中に登場し、アプリによって住宅内設備のコントロールが可能な時代となりました。これを機に、わが社でもスマートホーム事業への参入を決めました」

ハナムラ CEO花村勇臣氏

 

こだわりは直感的に操作ができるインターフェースデザイン

スマートなインテリア空間を目指し、スマートホーム事業への参入を決めた花村氏。アメリカのスマートホーム業界3大企業と言われるCrestron、AMX、Control4の3社の中から、iPhoneやiPadからの操作が可能なCrestronのシステムを採用する。ホームオートメーション化するにあたり、ハナムラがCrestronを選んだ理由とはなんだったのだろうか?

「例えば自動車のディーラーを始めるとしたら、メルセデスベンツやアウディ、トヨタとか、メーカー選びで将来的なものが大きく変わっていきますよね。それぞれターゲットやブランドイメージがあるため、どのメーカーのシステムを導入するかは非常に重要となります。検討したメーカーの中で、Crestronはスマートホーム業界のメルセデスベンツと言える存在でした」(花村氏)

スマートホーム事業とGLAS LUCEをセットで行なうにあたり、どちらもハイエンド向け製品ということもあり、Crestronのシステムと組み合わせることが最適だったという。

システム元は決まったものの、インターフェースは自社プロダクト。アイコン一つから作り上げていったのだとか。「ハナムラの強みは長年インテリア業界にいて培ってきたデザイン力。アメリカで作られているインターフェースって、ほとんどが数字とボタンばかりで、分かりにくいものが多いんですよ。『これはダメだ』と思ってインターフェースデザインは、iPhoneのようにビジュアルだけで直感的に操作ができるものを目指しました」(花村氏)

照明、エアコン、セキュリティカメラ、電子錠、電気消費モニターなど、
iPhone ・iPadから家中至るところの操作が可能


直感的な操作ができることにこだわったインターフェースは細かい調光も簡単にできる

自社プロダクトで操作性にこだわり抜いたインターフェースデザインのほか、ハナムラのスマートホームにおける強みとはどういったところなのだろうか?

Sponsered Link

「やはりCrestronのシステムを利用しているという点でしょうね。日本のスマートホーム業界の多くは、自分でできる範囲を一部スマート化するDIY的要素が強いものが多い。低価格だし手軽に導入できるので、こういったモノは今後さらに普及していくことでしょう。しかし、Crestronのシステムはアメリカでホワイトハウス、ペンタゴン、NASAなどでも採用されています。非常にプロユースな要素が強く、本来であれば住宅よりもホテルなどを一括管理できるレベルのもの。だからこそ、本当の安心感を得たいとお考えのお客様に、うちを選んでいただけているのでしょう」(花村氏)

未来の住まいを描きだすミラーコンシェルジュ

自社について、国内のスマートホームを取り扱う企業とは一線を画していると語る花村氏。今後の展開についてはAIとGLAS LUCEを組み合わせた、ヘルスケアつきのホームオートメーション“ミラーコンシェルジュ”の開発を進めていると語ってくれた。

ミラーコンシェルジュは人の分身となるアバターが登場し、音声総合案内やパーソナルヘルスケアなど、クラウド上から、ユーザーに合わせて最適な情報を提供してくれるサービス。現在のスマートホームシステムはデバイスから操作しているが、将来的にはミラーコンシェルジュがユーザーインターフェースとなり、音声認識による操作も実現する。

また、洗面化粧台にこのシステムを組み合わせたヘルスケアコンシェルジュは、前に立つだけで相対値をベースとして、ユーザーの心拍数、血圧、体重などの健康状態を自動的に測定し、ヘルスケアに関するアドバイスをしてくれるとのこと。まるで未来を描いたSF映画のようなシステムだが、開発にあたりどのような苦労があったのかを聞いてみた。

「ミラーコンシェルジュの開発にあたり、大変なのはヘルスケアアドバイス部分です。医師は患者を診る時、歩行の様子や顔色などからうかがえる症状を診断に含めますが、このシステムの場合、表情を見るだけで答えを出すわけにはいきません。コンシェルジュ側からの質問に対するユーザーの回答をもとにアドバイスを行なうわけですが、回答には様々なものが想定されます。そのロジックを入れることにはすごく苦労しています」(花村氏)

ミラーコンシェルジュは、まだ開発段階ではあるものの今年の4月にはサンプルの完成を予定しており、今回取材させてもらった新宿のショールームにて展示を行なうとのこと。

2011年よりインテリアとITの融合を目指してきたというハナムラだが、今後はITだけでなくAIも導入することで、“もう一歩進んだヘルスケア住宅”の提供を目指していくという。

ハナムラ
http://www.h-trading.co.jp/
 

筆者:Sayaka Shimizu (IoT Today)

 

 











Sponsered Link