家具アドバイザー設置の必要性

住宅と内部の造作家具とは
洋服とアクセサリーにも例えることができます。

ここで 素朴な疑問。

家を選ぶにはモデルハウスや完成住宅展示会で 見ることができ、お客様は信頼を寄せてそのメーカーと契約を結ぶと 思います。

ですが、 良いのはモデルハウスだけだったという嘘のような本当の話を見聞きします。

なぜ このような恐ろしい現象が起きるかというと、 実は、内部の造作家具業者が変わっているというのが事実です。

せっかく 良い家、つまりブランド品を購入しながら、付いてきたアリセサリーは 品質が落ちていたとしたらどう感ずるでしょうか?

建築業界には未だ隠されていることが多く、 お客様にとって一番目に入る造作家具やオーダーキッチンは どこで製作しているかを明かしていない所が多いのも事実です。

品質管理の面で、しっかりとした知識と見る目というのは実は建築会社の 方をもっても判断がつかない部分でもあるのです。

 

【必見!】無料でサイトがポンポン作れます→
HTMLの知識不要
 

 

ですから 独自に家具アドバイザーと呼べる人間の必要性を感じています。

そのアドバイザーが品質管理をすることによって、取引業者の質も技術も アップするものなんです。

これは経験上分かります。

ですから せっかく構築して勝ち得たブランドイメージを価格比較という机上の判断だけで ブランドイメージをいとも簡単に落としてしまうという怖さを知るべきだと思っています。

そして デザインの真似には限界があるということも伝えておきたいと思います。

合わせて以下の記事もお読みください。

家具屋さんと造作家具屋さんの違い

 

 

世界のキッチン施工例はこちらです。