Sponsered Link

造作家具の場合においてはそれだけでは
物足りません。

あくまでも住宅の中の家具ですから
施主の希望はもちろん住宅のコンセプトや意匠を考慮したデザインが望まれます。

かといって
ただ、床や壁の色に合わせれば良いとも限りません。

何を言いたいのかというと、
施主はもちろん、住宅の設計者やコーディネーターと意思の疎通を測り、提案しながら
デザインを構築していくことが望ましいと思っています。

家具屋でなければ分からない部分の見方や知識をどんどん共有すべく
提案しましょう。

ただ
言われたことだけをやっていれば良いとか、価格次第が大勢を占めている現状を
認めつつも、

造作家具屋
ならではの視点、技術というものは双方にとっても、結果的には
施主に対しての配慮となって伝わるものだと思っています。

 

Sponsered Link

 

 

家具だけではないデザイン例

 

 

 












Sponsered Link