建築に密接に関わる、


つまり家の工事と密接に関わる

家具やシステムキッチンの図面は

設計士だけが書く事ができると思ってはいませんか?




そう言うと

「えっ?」

「設計の担当者が書くのが当たり前でしょう?」
という返事が10人中10人から返ってきます。




では
実際はどうでしょうか?

はい!

家具やシスタムキッチンの図面は
建築士が書く場合というのは
デザインにとどまっているパターンが
多く見られ、

詳細まで書いている図面は

むしろ建築の知識がどちらかというと
乏しい、家具やキッチンの独自の設計担当者に
よるものが多いのです。



ですから

こういうことも言えるのです。


「興味さえあれば誰にでも書ける」と。


もちろん

CADの習得には個人差はありますが
問題はそこではなく、


「家具の図面の書き方」

を知っているかどうかだけ
なのです。


つまり

方法さえ分かれば
誰でもすぐに書けるようになるということで、


自己流では
遠回りになり、さらに正確さを欠いた図面を
量産する危険があるということです。



「あれっ? どこかで聞いたような?」


そうです!

自動車教習所でも
散々言われた言葉です(^_^;)


素直に一から学べば
誰にでも同じ効果が見込めるもの。


イコール


家具設計のメソッドを手にするかどうか
の違いだけ!


>>今すぐ確認をしてください<<









>>建築と融合した家具設計データ<<

↓↓↓多くの方にダウンロード頂いています(^-^)


①住宅提案の差別化に役立つ家具設計データ (無料レポート)

—収録内容—
1.フロート式 TVボードデータ
2.寝室用のTVボードデータ
3.洗面化粧台データ
4.ベニンシュラキッチン1. データ
5.ベニンシュラキッチン2. データ
*解説動画 PDFにurl記述


②下地工事の依頼の仕方 (無料レポート)

着工前に依頼しなければ間に合わない!

 
 




網戸張替えが格安!一枚1000円【完全定額制】
リフォームサイト比較