昨年は面白がって(時には本気で)
WEBでいろいろなページを作って反応を見ていましたがそれは決して無駄ではありませんでした。

それは結果として、とあるページが狙ったキーワードで検索上位になったからです。
それも複数。

これは特にSEOの専門知識を持たなくても、
つまり個人サイトでも企業サイトよりも上位に表示できるということを意味しています。
(今のところは)
ページ数も記事の文字数も少ないのにも関わらずです。

「なぜ?」
と考えてみたのですが、

心当たりがあるとしたら、すべてオリジナルのコンテンツ、つまり
よく目にするような記事ではないということぐらいでした。

それで上位になるのなら、建築の仕事に関わっている業者さんの知識を記事にすれば
良いだけと思ったのです。

それと
書く記事のテーマも絞っての結果だけに
専門色の強い仕事をしているならば尚の事それはほかにはない
オリジナルコンテンツになるということです。

ですから
広い知識ではなく専門知識を集中して書くと露出しやすいのだとしたら
建築業界はまさにうってつけだと思いませんか?

もちろんただ書けば良いというものではありません。

多少なりともSEOの知識(本で得られる程度のものとWEBで得た知識)があれば良いと思っています。

建築業界には名も無く随一の技を持つ人がたくさんいますので
そういった方々に光が当たれば良いなと常々思っているところです。

 

現場管理者 建築業は広い範囲ではなく専門知識を集中して書くと露出しやすい

 

 

 

フロートテレビボードの価格表はこちら

CADデータ集 TVボードデータ キッチンデータ 階段データ
caddata150 1 建築業は広い範囲ではなく専門知識を集中して書くと露出しやすい tvdata150 1 建築業は広い範囲ではなく専門知識を集中して書くと露出しやすい kitdata150 1 建築業は広い範囲ではなく専門知識を集中して書くと露出しやすい stdata150 1 建築業は広い範囲ではなく専門知識を集中して書くと露出しやすい
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

 

 

スポンサーリンク