Sponsered Link

ここ数年
建物の性能はもちろんデザイン的にも優れた建物が増えてきています。

ですから建築雑誌等を見ても違いが分からないと言う人は
益々増えていくでしょう。

そして
建築技術の差別化を打ち出すには難しい時代になっている今
意匠(デザイン)で差別化を図る時代になっていると思います。

ところが
この意匠というのは
一朝一夕で身につくものではありません。

ですから
他の業界では一般化している
外部協力を高める必要があると思います。

現に
評判のビルダー及び設計事務所との図面のやりとりでは
こちらの専門技術を引き出すことがうまいと
常々感じています。

決して軽く考えていないことが分かります。


ですから
家具なんて簡単だと思っている所と、他業種の技術を引き出し
学んでいこうと思っている所の違いというものを
機会のあるごとに訴えていきたいと思っています。

 

 

Source: archiproducts.com via Justyna Kosciolek on Pinterest

Sponsered Link

 

 

 




高齢者のためのリフォームの盲点


家の困り事はどこに頼むべきか


家の不安解消だけでは足りません


 


★売上を倍増させるシステム

 

【最新】「リストを自動で集めるツール」【無料版】


「集客ツール」の使い方|3大SNSツールの設定方法


 

Sponsered Link