ハウスメーカーや工務店のかんたんな比較方法

一般住宅の場合一番大切なのは
設計」です。

なぜなら

住まいの不満足の元は
多くの場合は
設計段階でつぶすことができるからです。

これは
家でも家具でも同じことが言えます。

ところが
業務の効率化図るため

その肝心な
「設計」という仕事に時間もお金もかけるというところは
少なくなっている向きがあります。

これは一例ですが

ハウスメーから提案される図面の縮尺は
当初は100分の1となっていますから
間取りしか理解できないのです。

でも
実際住んでから

「ここはもう少し広くしてもらいたかった」

とか、

「家具を置いたら狭くなってしまった」

などという
言葉を多く耳にしますから

100分の1の図面で決めてしまうのは
ちょっと危険な香りがします。

私の知る
あるハウスメーカーでは

お客様に提案する段階の図面でも
縮尺は50分の1とし、さらに家具を配置した図面も一緒に提案しているそうです。

ですから
100分の1の図面では
見落としたことも少なくなり
他社との設計の違いも把握できるので

結果的に
お客様は安心を得られることになります。

これなら

家の価格が高いにもかかわらず
成約率が高いということもうなずけます。

家具の世界も
こうありたいものですね(^-^)

333



↓独自の
得意技を磨いていきませんか?

住宅の設計に欠かせない意匠設計データ集
↓↓↓

すぐ使える! TVボード設計集

アイランドキッチンCADデータ20選

スチール階段設計データ集

  特集記事コントリビュータ

  コントリビュータ

  マガジン掲載

  集客ツール(無料)





スポンサーリンク