Sponsered Link

プラン作りの時は頭に浮かんだものをラフで描きますが、
同時に断面を想像することをお勧めします。

無理に展開にこだわって書くといずれは書き直しということが
多々あるからです。

ですから
普段から断面を想像する癖が身につくと、
ラフを書いていて「あっ、これは大丈夫かな?」
というバックアップが来るようになります。

つまり
職人さんの感覚に近づいているとも言えます。

その断面を想像する癖が身に付いたなら
次はディテールも想像できるようになり
やがては職人さんに「こうしてみたらどうでしょう」と
言えるようになるのです。

職人さんにものを聞く→職人さんと考えるという風に
ステップアップしたら
ようやくモノづくりのスタートラインに立ったということでしょうか。


変形アイランドキッチンDATA追加しました。


 

 

Source: originals via T. Nishibayashi on Pinterest

 

モノづくりのスタートライン

から

Sponsered Link

 

 




高齢者のためのリフォームの盲点


家の困り事はどこに頼むべきか


家の不安解消だけでは足りません


 


★売上を倍増させるシステム

 

【最新】「リストを自動で集めるツール」【無料版】


「集客ツール」の使い方|3大SNSツールの設定方法


 

Sponsered Link