Sponsered Link

新建材という言葉には魔力があります。 皆、差別化を考えていてどこよりも早く使う 先行者利益をもくろんでいます。 もちろん私も(^_^;) 店舗やショールームなら直ぐにでも使ってみるのですが これが住宅となるとちょっと話が変わってきます。 なぜなら メーカーの発表であっても 2年ほど経ってからの不具合発表ということが実際あり そのアフター処理の責任は施工側が負わされているパターンが 多いからです。 特にキッチンなどの水周りのカウンターに使用するときは その新建材の欠点も見極め、伝えることが重要です。 経験上かならず 良い点と隠されたマイナス点というものが存在します。 使ってみたい気持ちとアフターのことを考え慎重になる気持ちが 五分五分 挑戦にはリスクが伴うという話でした(^_^;) vio02        


高齢者のためのリフォームの盲点


家の困り事はどこに頼むべきか


家の不安解消だけでは足りません


 


★売上を倍増させるシステム

 

【最新】「リストを自動で集めるツール」【無料版】


「集客ツール」の使い方|3大SNSツールの設定方法


 

Sponsered Link