Sponsered Link

 

世の中には、まったく同じ人間なんて2人といません



僕は新聞記者時代から、何万人もの方を見てきましたが、「人はみんな違う」
としみじみ感じます。

そして、有名になっている人と、そうじゃない人の間には、
ほんの「微差」しかありません。これは本当です。


その違いを生むものとは、
「自分のオリジナリティ・価値を信じられるかどうか?」
だけだと思うんです。

というわけで、
勇気を出して、今までにないものを発信していかれてくださいね!


これは
元新聞記者だった方のメールマガジンからの抜粋で、
なぁ~んだと思われるかもしれませんが、


実は
以前この発行者と直接やり取りして励ましてもらったことでもあるんです。






独自のものを発信する時には、
不安が常に付きまとうもので、

評判を気にしたり、まわりの反応に敏感になりすぎたり
つい萎縮してしまうものです。




建築の
ものづくりに関しては

低価格のものばかりが取り上げられ、
どの企業も量産化や拡大路線を歩んでいます。


ですが
この低価格競争には中小、個人では勝てませんし
皆が同じ方向を向いたのであれば

業界の価値の低下を招くと思っています。




まして
オーダー家具については
低価格競争に巻き込まれたあげく
倒産、廃業した工場は数しれません。

そしてその結果職人さんも減少し、
技術の継承ができないという深刻な状況になっています。




それで
低価格競争から脱し

紆余曲折を経て

他には無い独自なもの

一本脚のキッチンや
フロート式TVボードの価値を高め、
全国に届けるにはどうしたらと考えるようになったのです。



ですが、

オーダー家具のカタログや価格表が無いと同時に、
エリア以外での施工ができないという壁にぶち当たったわけです。



私は
モデルハウスを常に見て回ることを自分に課しており、
それは家の流行を探る意味もありますが、
本当の目的はそこにしつらえてあるオーダー家具の仕上がりの確認を
するためです。



そこで
オーダー家具のグレードの差を見るに付け、

エリアの違いで、思うような家具を入手できないお客様は不幸だと
いう思いが増し、
エリア以外にもオーダー家具を届ける方法を模索してきたというわけです。



はっきり言いまして、
私が考えた手法が最適だとは言えないのかも知れませんが、
少しづつ実例を重ねて確立できればと思っています。





→最初にハウスメーカー様に確認してください



→フロートTVボード価格表のご案内




このような仕組みで始めましたが、

意外や意外、

価値を感じてくれる人や、
協力的なハウスメーカーや建築会社が多いという
嬉しい誤算となっています。




そうなると
最大化をしませんか?という

セールスマーケティングの会社からの売り込みも
増えてきているのですが、


「数を売ろうとは思っていません」

と断っています。



「自分のスタイルは自分で決めれば良い」

というのが

私の独自路線ということになるのでしょうか・・・



新聞記者からの励ましの言葉に
意を強くしたというお話でした。



***

個人で配信しているメルマガが200号とキリが良い数字となりましたので
記念としてシェアさせていただきました。





gougai







↓逆転の発想




→新築、リフォームの見込み客の集め方


→家の価格が高いにもかかわらず成約率が高いハウスメーカー






→フロート式(浮いている)TVボードをあなたの家に【全国販売開始】




Sponsered Link




家の不安解消



お問い合わせはこちら


Sponsered Link