Sponsered Link

月額30万円は高い、安い? ゼロから始める「お手軽AI」続々
 人工知能(AI)を使いたい、でも使い方が分からないし価格も高い―。AIの導入がブームになる中、AIシステム提供企業が低価格で簡単に導入できる「お手軽」なサービスを続々と提案している。28日に開幕したAI関連の展示会「第1回AI・人工知能EXPO」では、月額30万円程度で利用できるAIサービスやクラウド型で設備を持たずに導入や学習が可能なサービスが来場者の関心を集めた。

 ケイフィールド(名古屋市千種区)は中小企業がAIを使った設備の故障検知や市場調査を手軽に利用できるサービス「サキヨミAIラボ」の提供を始める。月額30万円(消費税別)から利用可能だ。

 中小企業はAIの知識もなく、どういった活用をすれば分からない場合が多い。同社は利用希望者と専用チャットで議論しながらシステムを構築できる。同社研究開発部の今井博フェローは「導入の仕方からサポートし、最初はお試し的に利用することもできる」と特徴を示す。製造業を中心に普及を目指す。

 日本サード・パーティ(東京都品川区)は、初期投資50万円でAIシステムが構築できるサービス「サード・アイ」の提案を始めた。AI導入初心者を狙ったもので、ユーザーが持つさまざまな課題の解決策を組み合わせて全体最適化したシステムを提供する。米IBMの「ワトソン」などAI技術は他社のものも利用でき、ニーズに広く対応できる。対話ロボットを使った受け付け案内や、コールセンターの対応といったメニューもある。

 NTTコムウェアはAI技術のディープラーニング(深層学習)を使った画像認識サービスをクラウド型で提供する。ユーザーが必要な設備を持たずに利用できることが特徴となる。画像認識を使って新築マンションの部屋の中に傷や汚れがあるかを確認したり工場で加工した部品に傷があるかをチェックしたりできる。ユーザー側でデータをAIに教えられるよう工夫した。幅広い業種への展開を目指している。


リスト自動収集ツール【無料版】の入手方法


「集客ツール」の使い方|三大SNSツールの使い方



★TVボード価格表

Sponsered Link


メッセンジャーで見る


LINE@特典

 


★リフォームの盲点


高齢者のためのリフォームの盲点


家の困り事はどこに頼むべきか


家の不安解消だけでは足りません


★在宅で遠隔診療が受けられます【通院不要】


病院と薬局へ行く必要が無い【遠隔診療】が家や職場で受けられます

Sponsered Link