Sponsered Link

モダンでおしゃれな建物が多い今、
内部の造作物、建具や家具、キッチンまでトータルに提案しているところは
まだまだ少ないようです。

実際家に住むということは
家具や家電、その他の装飾品や暮らしのアイテムが必ず付くということです。

その時になって
下地があったら良いのに、とか、どんな物を選んだら、何処に頼んだら良いのか分からないといったことに直面することは想像に固くないと思います。

立派な建物が住むことでさらに価値を生む建物となることが
理想です。

これから各建築会社やハウスメーカーが差別化を考えるのであれば
建築プラスの提案力の差ということになるのでしょうか。

 

Source: blogspot via Susan Barry Black / “Beaucoup de Belles Choses”  on pinterest

 

 

 




高齢者のためのリフォームの盲点


家の困り事はどこに頼むべきか


家の不安解消だけでは足りません


 


★売上を倍増させるシステム

Sponsered Link

 

【最新】「リストを自動で集めるツール」【無料版】


「集客ツール」の使い方|3大SNSツールの設定方法


 

Sponsered Link