Sponsered Link

造作家具という言葉がありますが、今では捉え方はいろいろあります。

わかりやすく言うと建築工事に付随する家具ということですから、
大工さんが造る家具+建具屋さんの作る扉も造作家具ということになります。

一方、大工さんが現場でつくる家具とは違い、あらかじめ現場の寸法を測った上で
家具工場で家具職人の手により造られるのも造作家具と言います。(本来は家具屋さんの手による家具を造作家具と呼びます)

同じ造作家具という言葉でありながら品質デザイン、塗装仕上はまるで違います。

そして一番の違いは価格なのです。

ですから
実際の建物では、目に入らずそんなに立派な物(家具)でなくとも構わない部分は
大工さん造作+建具屋さん製作の扉で造られています。

そしてリビングなどのメイン部分には家具屋さんの手による造作家具が
置かれるというスタイルが一般的なスタイルとなっています。

ですから
一口に造作家具と言われても誰が何処で造っているの?と聞いた方が良いという
お話でした。

 

Sponsered Link

 

 

 

 

 




高齢者のためのリフォームの盲点


家の困り事はどこに頼むべきか


家の不安解消だけでは足りません


 


★売上を倍増させるシステム

 

【最新】「リストを自動で集めるツール」【無料版】


「集客ツール」の使い方|3大SNSツールの設定方法


 

Sponsered Link