私の知っているインテリアコーディネーター 私の知っているインテリアコーディネーターは着るもの、家、車、収納、家具、小物、日用品、など暮らしに必要なもの全てがシンプルでセンスが良いのです(汗)。おまけに食べるものまで吟味されていてミーティグと称した食事会を定期的に開いてインテリアの情報交換をしています。つまり何もかにもがおしゃれなのです。 私は家具のデザイナーですがとてもこんな生活はできていません。ですからミーティングに誘われても居酒屋以外の場所なら窮屈さを感じてしまいそうなので参加したことはありません。(汗) だいたい家具の設計屋、少なくとも私は家具工場や建築現場の人達とばかり会っているのでかしこまった話など苦手なのです。ですからインテリアコーディネーターの方々とは付かず離れずという微妙な距離感を保ちつつ交流を重ねています。 そんな私もやはりインテリアコーディネーターの持ち物や生活スタイルには刺激を受けていて、家で見かけた小物や収納や着るもの、出される軽食類やデザートと皿やティーカップにいたるまでを観察するようになったのは言うまでもありません。それからはどこに行ったらこのようなアイテムを揃えられるのだろうと街に出かけた際はショップ巡りをするようになりました。 そうして気に入ったアイテムを一つ、また一つと集めていくうちにいままで使っていた物の処分に困り始めて知人に譲り始めたのですが、そのときにいかに無計画に物を買っていたことにあらためて気づかされたのです。それからは小さなものでもよく考えて購入するようになりました。もちろん衝動買いも少なくなりました。





スポンサーリンク