良いデザインは機能と美しさを兼ねている – デルの幹部に聞く「デザイン哲学」

 
画像提供:マイナビニュース
●4製品でグッドデザイン賞を受賞

デルはこのほど、日本デザイン振興会が主催する2017年度グッドデザイン賞において「XPS 13 2-in-1」など4製品が受賞したと発表した。授賞式のために米国本社からデザイン部門の責任者であるエドワード・ボイド(Edward Boyd)氏が来日。これに合わせてインタビューする機会が得られた。現在のデル製品の根底に流れるデザイン哲学について話を聞いた。

今回受賞した4製品は、いずれも2017年に発売された製品で、ノートPCが2機種、デスクトップPCが1機種、ディスプレイが1機種となっている。

まずは13型タッチ対応コンバーチブルノートPCの「XPS 13 2-in-1」だ。5.2mmの狭額縁を実現したInfinity Edgeディスプレイに、13.3型液晶をW304×D199×H8〜13.7mmのコンパクトな筐体に収めている。

15型ゲーミングノートPCの「Inspiron 15 7000 Gaming(以下、Inspiron Gaming)」。CPUとグラフィックスのハイパワーをしっかり引き出すために、新設計の冷却機構を採用。ファンの動作音もより抑えた。

3つめは「Inspiron 27 7000 フレームレスデスクトップ(以下、Inspiron デスクトップ)」。27型ディスプレイ一体型デスクトップPCだ。最新のAMD RyzenプロセッサとRadeon RX 500シリーズを搭載してハイパフォーマンスを実現しており、狭額縁による高い没入感も魅力の製品だ。

最後の「Dell Sシリーズ S2718D 27インチワイド フレームレスモニター(以下、S2718D モニター)」は27型ディスプレイ。狭額縁Infinity Edgeディスプレイと、独自のHDR+機能を搭載。さらにコネクタを台座部に集中することですっきりした配線を実現している。

○XPS 13は日本の「箸」からインスピレーション

デルと言えば無駄を排した無骨なデザインというイメージのユーザーも少なくない中、デル製品をデザイン面で改革したのがエドワード・ボイド氏だ。ボイド氏は、ソニーや米ナイキを経て2007年にデルに入社し、2010年からコンシューマーおよびエンタープライズビジネスのデザイン統括を兼任している。

――グッドデザイン賞を受賞した4製品ついて、それぞれデザイン面でこだわった点を教えてください

ボイド氏:4製品すべてに共通する「デザイン哲学」として、ユーザーのニーズを収集して重視するポイントがどこなのかきちんと把握することが挙げられます。必要なものは取り込み、ユーザーが重視しないものは削ることで、価格と機能・性能のバランスを取ります。

例えば、XPS 13はモビリティを重視するユーザー向けの製品なので、小さく軽いことが望まれます。13.3型で最も小型になることを目指して、狭額縁ディスプレイを採用するだけでなく、画面を長時間見るユーザーが多くなる製品なので、画面の解像度や色の再現性を重視しました。長時間持ち運んで使えるよう、バッテリーにも力を入れています。日本のユーザーは特にバッテリーを重視しますね。

こうした仕様面のデザインに合わせて、外観をデザインしていきます。実はXPS 13の外観は日本からかなり影響を受けています。

XPS 13の本体を閉じた状態で側面から見ると、天板とキーボード部で2つのメタリックなラインが鋭角を作る先細りのデザインになっているでしょう。これは「箸」のイメージです。

――確かに箸のようですね。言われてみると、急に馴染み深く感じてきました。残る3製品はどこにこだわりましたか?

ボイド氏:Inspiron Gamingは、スクリーンを目にした際の没入感にこだわってデザインしています。赤と黒のカラーもプレイヤーのテンションを上げる優れた色合いでしょう。ハードウェア性能はゲームに求められるスペックを詰め込んでいます。

Inspiron デスクトップも、ゲームや動画再生などエンターテイメントが堪能できるプレミアムメインストリームのマシンです。グラフィックス性能にも優れ、キーボードの打ちやすさなどにも配慮しているので、長時間フルスロットでゲームする人にも向いています。

最後のS2718D モニターは、「ウルトラシャープ」にこだわりました。ベゼルをギリギリまで削ったほか、筐体も27型では最薄を実現しました。これらの製品は、発売後の市場の反応も良いです。

●良いデザインは機能性と美しさを兼ね備えている

○良いデザインは機能性と美しさを兼ね備えている

――先程、「デザイン哲学」と言われましたが、どのような考え方に基づいてデザインしているのか、もう少し詳しくお聞かせください

ボイド氏:私は当社に入社する前は、ソニーとナイキで経験を積みました。そこで学んだことの1つは「良いデザインは機能性と美しさを兼ね備えている」ということです。両方備えていて初めて良いデザインといえます。ユーザーの求める機能が備わっていないのにデザインだけ良くしようとしても、良いデザインにはならないと考えています。

デザインする上で、先程のXPS 13の箸のように、いろいろなところからインスピレーションは受けていていますが、基本はあくまでユーザーのニーズに合うことです。

製品のターゲットにするユーザーがその製品を使うとき、どんな服装をするのか、どんな仕事が多いのか、プライベートで何をするのか、ほかにどんな製品を使うのか観察します。どんなカメラを使うのか、どういう自動車に乗るのか、そういったことを分析して、それに共通する思想を反映するのです。

――製品のデザインを実現するうえで、苦労するところはどこでしょうか

ボイド氏:ユーザーのニーズを汲み取るところが一番難しいです。これは今回の4製品に限らず、すべての製品に言えるのですが、そこをしっかり理解しておかないといけません。最初の前提が間違っていると、後から出てくるデザインは的を外したものになってしまいます。

私が入社する前は、当社は自在なカスタマイズ性が重視されていて、デザインはあまり重視されていませんでした。デザインはユーザーの求めるものの先にあり、リサーチが重要なのだと社内で綿密にやりとりし、その方向性を定着されるまでは大変でした。

われわれがデザインを作る時、5年から10年先まで長いスパンで考えます。将来、世の中の動きや、ユーザーのニーズ、技術がどう進化していくのか、いろいろな観点からリサーチし、製品がどのように使われるのか想像するのです。暫定的なコンセプトからプロトタイプを作り、テストしてテクノロジーに落とし込みます。

狭額縁ディスプレイもそういう形で誕生しましたし、カーボンファイバーの素材を使うという決定もこうした過程を経ています。赤外線カメラや、ニアフィールドとファーフィールドに対応するマイクなども、綿密なリサーチの結果、実装に至ったのです。

――プレミアムラインの製品には、カーボンファイバーだけでなくアルミの採用にもこだわりを感じます。これらを採用した背景をもう少し詳しく教えてください

ボイド氏:高い品質と美しい仕上がり、しっかりしたパフォーマンスを実現する上で、カーボンファイバーとアルミの組み合わせが適していると判断しました。

カーボンファイバーは見た目が格好良いのもありますが、熱を逃しやすい特性を持っています。もし筐体をアルミのみにすると熱が内部にこもってしまいます。カーボンファイバーを使えば熱を通してくれます。軽量でありながら高い剛性を持つのも良い点です。

さらに製品には寿命がありますが、カーボンファイバーはリサイクルにも優れています。リサイクルするたびに劣化することがなく、何度も使えて環境にも優しいのです。

ちなみにカーボンファイバーは、プレミアムラインだけでなくすべての製品でどこかしらに使っています。表に出ているところだけでなく、内部の見えないところにも使っています。また、当社で使っているカーボンファイバーは、航空業界や自動車業界で使っていたものをリサイクルして使用しています。

――日本やアメリカなど、国ごとに受け入れられやすいデザインの違いや変化はありますか?

ボイド氏:北米では液晶が分離するデタッチャブル(着脱式)が人気です。XPS 13のような液晶が360度回転するコンバーチブルも伸びてきています。薄型軽量化が図られたことにより、今後ますます伸びると考えています。

中国では最近、薄型軽量の製品が好まれます。数年前まで、このニーズはあまりありませんでしたが、最近は高まってきています。また、いまは画面のタッチ対応も求められていません。しかし、これも今後は変わってくると考えています。

――日本のユーザーにメッセージがあれば、いただけますか

ボイド氏:当社の最新の優れた製品を試して欲しいです。高品質で美しい仕上がりになっており、トータルのエクスペリエンスを提供します。日本市場にはゲーマーも多いので、Inspiron Gamingもきっと満足いただけると信じています。

――ありがとうございます




網戸張替えが格安!一枚1000円【完全定額制】
リフォームサイト比較