Sponsered Link

特注家具とは大きく分けて二つあります。

イスやチェスト類の家具=「置き家具」と言います

一方、その場所にしつらえた家具=「造作家具」と言いますが、
世間に知られているのは「置き家具」だけと言っても良いでしょう。

その「置き家具」でさえ学ぶ場がほとんどないのが現状で、
学ぶとしても教室に通わなければなりません。それも有料で。

ところが
教室と言うものが無い、
造作家具というものは個人でも無料で十分学べるという特徴があります。

必要なのは、好奇心だけです。

教材は住宅見学会ですから、どこでも見ることが出来ます。

そこで見かける造作家具を注視し、撮影が可能かどうかを聞いて内部もよく自分の目で
確認するだけです。

これぞまさに生きた教材ですから、数を見る内に造作家具の善し悪しもわかって来ます。

そして得たイメージをスケッチするなどすれば記憶に刷り込まれていきますから、
別な家具を見た時に構造がわかってくるようになってきます。

ところが
モデルハウスに行くことをためらう人も多いですが、
簡単な一言で何処にでも入れるようになります。

それは、
「知人に紹介したいと思っていますから」という一言です(^_^)v

週末は各ハウスメーカーが来場数に敏感になっていますから
お土産をもらいながら勉強できるというという好機を逃す手はありません!

 

 

 

Source: sushibits via Jane Wang  on Pinterest

Sponsered Link

 

 

 

 




高齢者のためのリフォームの盲点


家の困り事はどこに頼むべきか


家の不安解消だけでは足りません


 


★売上を倍増させるシステム

 

【最新】「リストを自動で集めるツール」【無料版】


「集客ツール」の使い方|3大SNSツールの設定方法


 

Sponsered Link