Sponsered Link

 

今年は増税前のタイミングであり、
駆け込み需要が多くなることは確かですから




家の購入を促すものとして

このような
ブログが量産されるばかりではなく

あらゆる媒体で人の目に触れる機会が増すことは
確実です。



そのこと自体は
まったく否定するものではありませんが、




急ぐことのデメリットというものを

ちょっと真剣に
考えてもらいたいと思っています。






まず


小さなことのようで実は大きな差が生ずる、
内部のインテリアをどうするかという問題です。



これはすなわち



本当に希望する家が建つのかどうかということを
意味しています。





ここでの希望とは
内部のインテリアについてです。


もしあなたが
それほどインテリアに興味がないのであれば
スルーしてください。




実は

このインテリアと言うのには


「造り付け家具」を含んでいます。


ですが、


この


「造り付け家具」


現場で大工さんが作るものと、

家具工場にて作るものとの二つの種類があるということは

ハウスメーカーの人間であっても知らない人が意外とたくさんいることは
知られていません。





ですから


クラス上のインテリア空間を作りたいので
ありましたら当然

家具工場にて作る「造り付け家具」が必要ということになります。


そうなると

どのハウスメーカーでも良いということにはなりませんね(^_^;)


親切であることと
技術があることは別な話であると考え、


一生の買い物である「家」については

じっくり構えて、深くリサーチしてみることをおすすめします(^-^)

 

 

o0800080113544563301

Sponsered Link

 

 

↓この資料もハウスメーカー選びの基準にしてみてはいかがでしょう



⇒すぐ使える! TVボード設計集


⇒アイランドキッチンCADデータ20選

 

 

 



リスト自動収集ツール【無料版】の入手方法


「集客ツール」の使い方|三大SNSツールの使い方



★フロート式TVボードを全国へ


フロート式TVボードを全国へ


LINE@特典

 


★リフォームの盲点


高齢者のためのリフォームの盲点


家の困り事はどこに頼むべきか


家の不安解消だけでは足りません


★在宅で健康管理【遠隔診療→通院不要】


病院と薬局へ行く必要が無い【遠隔診療】が家や職場で受けられます

Sponsered Link