Sponsered Link

 

キッチン


を探している時とは、




近々家を建てる予定か
リノベーションを考えている時かが
多いと思いますが、






ここで言うところのキッチンとは
メーカーショールームで見かけるキッチンとは
ひと味もふた味も違うものです。








「えっ!そんなキッチンがあるんですか?」



「デザイナー物件だけの話でしょ」



「そんな予算なんてありません」







と思っている人が非常に多いのが実情です。







なぜなら




家の販売会社の多くは、
キッチンのショールームへ案内することが多いからです。





どうしてそこで

疑問に感じないのでしょうか?




「だって、それが普通でしょ?」




と思っていたなら、

あなたはその時点で大きな損をしているとしたら
どう思いますか?





選択肢の一つに

特注キッチンがあっても良いと思いませんか?





なのに


「当社ではキッチンメーカーと提携している以外の
工場とはお付き合いはありません。」




とか



「キッチンメーカーで特注キッチンを頼んでみたら
良いですよ。」


と言われて

「見積もりを頼んだら想像以上の価格を提示されて
あきらめてしまいました。」





というパターンが実に多いのです。








ここで考えてもらいたいのは、




家を建てるまでには

相当な時間をかけて、さまざまな選択をしたのにも
関わらず、結局は妥協点が多かったら後悔しませんか?






ということです。







こういう
残念な思いをした人は

過去、相当いたはずです。





検索も一つの盲点となっている





もう一つ、



現在では

WEBで調べることも簡単にできてしまいますが、


この検索も一つの盲点となっています。



というのは



探している情報が必ずしも見つからないということが
相当多いからです。




現に、

検索してもせいぜい見るのは2、3ページまでですよね。


それでは
探せないわけです。






ですが、

このページを見ていただいているということは
ある意味、


他では得られない情報に出会ったと思っていただいて結構です。





なぜならば


過去多くのお客様に




「あなたのような業者がいることさえ知らなかった」




と、何度も何度も言われ続けているからです。







その中には当然、





「キッチンをもう頼んでしまってキャンセルは無理だと言われて
しいました」





とか、


「間に合って本当に良かった!」



「僕は本当にラッキーだ!」


などという言葉をいくつも聞いてきました。







そこで




誰もが

気軽に
特注キッチンやオーダー家具が頼めるような空気感を持つ
ハウスメーカーや建築会社が増えればと願っているところです。






では



その特注キッチンを施工した例をごらんいただくとともに、

キッチンの設計ポイントや家具設計のノウハウもごらん下さい。





そして


特注キッチンを望んでいる人にもこの情報を伝えてください。





キッチン作品集


キッチン、家具設計のヒント





m01




Sponsered Link

 



リスト自動収集ツール【無料版】の入手方法


「集客ツール」の使い方|三大SNSツールの使い方



★フロート式TVボードを全国へ


フロート式TVボードを全国へ


LINE@特典

 


★リフォームの盲点


高齢者のためのリフォームの盲点


家の困り事はどこに頼むべきか


家の不安解消だけでは足りません


★在宅で健康管理【遠隔診療→通院不要】


病院と薬局へ行く必要が無い【遠隔診療】が家や職場で受けられます

Sponsered Link