Sponsered Link

 

住宅の設計時に



家具やキッチンの提案をすることも多いと思います。




そこで

考える時間や探す時間もなかなか取れない中では
メーカーの家具データをそのまま転用することも多いのかも
知れません。




ですが



その後の打ち合わせの時には

やはり

家具の詳細も書かなくてはいけないといったことは
ありませんか?







今のお客様は

自らインテリア家具の知識をあらゆる媒体で
吸収していて、

そのため

自分よりもセンスの良い提案をされなければ

さっさと
他に相談に行くのかもしれません。






*
私の知人の多くはそのように行動しています(^_^;)





一生の買い物をするのですから
当然といえば当然のことですね!





そして



一時の妥協で、

この先20年も30年も後悔するのは耐えられない
ことだと皆思っているということです。







では

家具の設計を学ぼうとした時に



家具やキッチンの設計資料というのは
そんなに簡単に手に入るものでしょうか?








残念ながら



「限りなく少ない」のが実状です。



ですから

設計経験が数年しか無い人に比べ、

設計経験が長い人に軍配が上がるのも仕方がない
ことなのです。




ということは

努力しても
経験の差を埋めることは至難の業だということになりますが




あなたが


何か、
一つの分野の設計に関して勉強するならば



充分、その分野でのスペシャリストとなることは可能です。



キッチンスペシャリストと呼ばれる資格とは
一線を画すのですが、



実践に裏打ちされたキッチンや家具の設計経験をもとに
していますので、必ず役に立つ資料であるとともに

短期間でキッチンの設計スキルを上げられるものと思っています(^-^)







そこで



具体的な手法で

誰もが家具の設計ノウハウを
吸収できるようにする為に


個別のデータ集を


段階的に発表していこうと
思っています。





その第一弾として




アイランドキッチンの設計データ集




をつい最近
リリースさせていただきました。






しかし、


すぐ見られるようなものではなく、

本気でキッチンの設計のノウハウを知りたいという方のみ
お伝えする手法を取らせていただきました。



あなたの設計のお役に立つかどうかは

サンプルムービーを見ていただければ
すぐに分かると思います(^-^)




こちらをごらん下さい。



56626e073b033


Sponsered Link

 



リスト自動収集ツール【無料版】の入手方法


「集客ツール」の使い方|三大SNSツールの使い方



★フロート式TVボードを全国へ


フロート式TVボードを全国へ


LINE@特典

 


★リフォームの盲点


高齢者のためのリフォームの盲点


家の困り事はどこに頼むべきか


家の不安解消だけでは足りません


★在宅で健康管理【遠隔診療→通院不要】


病院と薬局へ行く必要が無い【遠隔診療】が家や職場で受けられます

Sponsered Link