AR(拡張現実)は今でも敷居が高いツールか?

二年ほど前、
ARの 出始めの頃から興味を持ち
色々なサービス会社に問い合わせをしましたが 価格は相当なものでした。

(今でもそんなに違いはないと思っています)

その後 ARの話題も聞かなくなり、
当時ビジネスアカウントまで お借りしていたサービス自体が今年に入り消滅してしまいました。

それが
最近TVなどでもまた取り上げられるようになり
ちょっと調べてみることにしました。

ちょうど 無料アカウントで利用できるものが見つかりましたので

マーカーとなる画像と動画を用意して試してみたところ
以前は アプリ起動後、QRコードを読んでからマーカーとなる画像にスマホを 向けていたものでしたが
最新のARはアプリ起動後、いきなりマーカー画像に当てるだけで
動画が始まるというシンプルなものに変わっていました。

このワンクッション省けたところがスゴイのです。
(当時もあるにはあったのですが、とても個人で使用できる価格ではありませんでした)

 

【必見!】無料でサイトがポンポン作れます→
HTMLの知識不要
 

 

これなら ポスターなどにスマホを当てるだけで 動画が見られるということで
イベントなどには最適なツールとなるでしょう。

ですが 個人で使用するにはまだまだ敷居が高いと言わざるを得ません。

今回使用したARサービス

marcs(無料トライアル)

http://www.arappli.com/service/marcs/

↓デモの風景  

 

   

 

スナップショット 2 (2014-11-05 21-50)