Sponsered Link

IKEAで買ったら安っぽい、色が合わない…キッチン用品で失敗しないIKEA攻略法4




 それ、身に覚えがある失敗。

 おしゃれでリーズナブルな家具や雑貨で人気のIKEA。中でもキッチン用品は、遊び心にあふれたかわいい商品がたくさんそろっています。しかし、「あー、こんなの買わなきゃ良かった」と後悔した経験はありませんか? もしかしたらその原因は、選び方にあるかもしれません。

 そこで今回は、IKEAで起こりうる「買い物失敗例」をクローズアップ。その対策を合わせてご紹介します。

◆①なんだか安っぽい

【ありがちな例】

・おしゃれ柄を選んだつもりなのに、なんとなく安っぽく見えてきた。

・遊び心あるデザインのツールを買ったら、すぐに飽きて使わなくなった。

⇒毎日使うものこそ、シックでスタンダードなデザインを選ぶべし!

 キッチンコーナーで目を引くのは、北欧ならではの、なんともカラフルでワクワクするようなアイテム。「こんなの使ったら、絶対おしゃれに違いない!」と思って衝動買いをしてしまいがちですが、これこそが失敗の素。

 毎日のように使うツールほど、シンプルでシックなデザインのものを選びましょう。例えば、鍋つかみや鍋敷き。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=719221

●鍋つかみ(2枚249円)、鍋敷き(3枚249円)

 樹脂やシリコンなどで奇をてらった素材よりも、布・コルク・木などで作られたベーシック素材のアイテムは、実際の食卓で洗練感・統一感を出してくれます。逆に、遊び心を発揮すべきは、「動きのあるシーン」で活躍するアイテム。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=719222

●トレイ(499円)

 例えば、食後のデザートがこんなカラフルなトレイに乗ってやってきたら、感激もひとしお! デザイン性のあるアイテムは、ここぞという時や季節感を演出したい時などに集中した方が良いかもしれません。

◆②食器が使いづらい

【ありがちな例】

・カラフルな食器・ツールを買ったら、食卓ではしっくりこなかった。

・家のダイニングテーブルに置いてみたら、大きくて使えなかった。

⇒一目ぼれは要注意! 色物・柄物はむやみに買わないこと。オススメは、白×紺!

 IKEAが得意とするカラフルな雑貨。単品としてみるとキレイだし、珍しい色合いやデザインのものに走りがちになってしまいます。ところがIKEAの食器類は丈夫な反面、素材がぽってり分厚いものも多いため、自宅にある既存の食器類とミスマッチな危険性をはらんでいるんです。

 そこでオススメしたいのが、白×ネイビーの食器。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=719223

●皿(大皿599円、中皿399円、小皿299円)

 どんなシーンでもしっくりなじみ、和食でも洋食でも大活躍。しかもこの色の組み合わせなら、少々ユニークな柄や形でも心配ありません。また、サイズ選びは、大皿よりも中皿サイズを基準に検討すると、失敗が少ないでしょう。

◆③無駄なものばかり買ってしまう

【ありがちな例】

・まとめ買いしたナプキンや収納容器が余っている。

・タッパーやカトラリーのお得なセットを買ったものの、全部使えずに残っている。

⇒料理の下準備に使う安価アイテムにこそ名品あり!

 サイズや形のバリエーションで秀逸なのが、収納容器やアウトドアで活躍しそうな弁当グッズ。これらは、お得感のある大容量タイプを選んでしまいがちで、買った結果全部使い切れず収納に困るはめになることも。

 セットや大容量モノには注意を払いつつ、狙うべきは、派手さのない単品モノです。例えばコチラの水切りボウル。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=719224

●野菜水切り(299円)

 無駄を徹底的にそぎ落とされた機能・デザインで、どんな高級ブランドにも勝る完璧さ! 毎日のサラダ作りや炒め物の下準備に大活躍してくれます。

◆④料理が楽しくならない

【ありがちな例】

・はりきってキッチン用品を買ったのに、作る料理があか抜けない。

・かわいい製菓グッズが使わずに埋もれている。

⇒食品コーナーに大注目! すぐに食べられるおしゃれ缶詰や時短アイテムを見逃すな!

 おしゃれなキッチンツールを買ったはずなのに、実際作るのは素朴なカンタン料理ばかり。いつか時間のある時用にそろえたマフィンカップなんて、いまや化石のような存在に。

 それはそれでよいと思いつつも、IKEAの食品コーナーには便利で斬新なアイテムがあることを上手に活用していただきたい! 例えばコチラ。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=719227

●全粒粉ミックススパイス(499円)、シシャモのオイルマリネ(369円)、燻製たらのレバーパテ(399円)

 左上の商品は、「全粒粉ミックススパイス」という商品。ポルチーニや野菜、スパイスと全粒穀物が調合されていて、鍋にコレと水を入れて沸騰させ、フタをしてしばらく放置するだけ! カンタンにおしゃれ料理が作れてしまいます。

 また、下の缶詰は、シシャモのオイル煮とタラのレバー。ちょっと珍しいアイテムは、そのまま出すだけであか抜け感を演出できてしまいます。

<TEXT,PHOTO/スギアカツキ>

【スギ アカツキ】

食文化研究家。長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを幅広く学ぶ。在院中に方針転換、研究の世界から飛び出し、独自で長寿食・健康食の研究を始める。食に関する企業へのコンサルティングの他、TV、ラジオ、雑誌、ウェブなどで活躍中。Twitterは@akatsukinohana


 

Sponsered Link



リスト自動収集ツール【無料版】の入手方法


「集客ツール」の使い方|三大SNSツールの使い方



★TVボード価格表


メッセンジャーで見る


LINE@特典

 


★リフォームの盲点


高齢者のためのリフォームの盲点


家の困り事はどこに頼むべきか


家の不安解消だけでは足りません


★在宅で遠隔診療が受けられます【通院不要】


病院と薬局へ行く必要が無い【遠隔診療】が家や職場で受けられます

Sponsered Link