Sponsered Link

 

「LINEで家なんか売れないよ」

 

「LINEで家なんか売れないよ」と言われ

その結果

ちょうど2年前にご提案を受けLINE@の存在を知りました。
当時は飲食店や美容系の店舗中心のリピーター促進ツールという
イメージが強かったのでその効果に半信半疑でしたが、
注文住宅・デザイン住宅の会社ではまだどこもチャレンジしていなかったので
「まずはやってみよう!」という気持ちで導入を決めました。

 


建築に携わっている身としてはとても参考になる例です。

それでほかのハウスメーカーの導入例も調べてみました。


検索ワード

LINE@ ハウスメーカー
LINE@ 建築会社
LINE@ 工務店
LINE@ リフォーム
LINE@ 新築
LINE@ 設計事務所

 

全体としてはLINE@を導入しているハウスメーカーや建築会社はまだまだ少なく
活用の仕方を試行錯誤している印象を受けています。


やはり多いのが

「LINE@を始めました」

という言葉で
最新のイベント情報やキャンペーンなどをお知らせするといった活用です。

小冊子(WEB版)を登録時にプレゼントするといった例も多く見られました。

 

いずれにしても
LINE@はWEBのメルマガよりも
販売側とお客様の距離を縮める印象があるので
「手渡し感」を強く感じています。


以上の導入例は

ハウスメーカーや建築会社、工務店といったものですが、

当然ものづくりの会社や個人全てに当てはまります。


むしろ
他にはない魅力的な商品、コンテンツを持っているのならば
「手渡し感」のあるLINE@の導入はするべきでは?
と思っているくらいです。

 

 

LINE@:ハウスメーカーや建築会社の導入例はまだまだ少ない

 

ハウスメーカーや建築会社ではまだまだ導入しているところは少なく、
そこには導入しようとしてつまづくところや
LINEとLINE@の違いがイマイチ分からないところなどに
原因があると思い(実際かなり迷いました)、

最低限度これらを理解していれば
すぐにLINE@を始められるという解説をしてみました。

以下をクリックして確認してください。

houseline900

 

 

私も「LINE@を始めました」

 

LINE@の友だち登録特典です。

これから家を建てたリフォームする計画をお持ちの方には
ぜひ見ておいて欲しい資料(pdf)を用意しています。


家の悩みは住んでからいろいろと起きてくるものです。

でも
家が完成してしまってからは何もできなくなります。


この業界を長年見続けていて、
損をしている人が多いことに心を痛めており、

Sponsered Link

大っぴらに公開したいところですが
情報が埋没して見られないためにLINE@の特典とさせていただきました。

なぜなら
すぐに見ていただけるからです。

友だち登録するとすぐにダウンロードできるようにしていますので


家の打ち合わせの前にぜひ見ていただきたいと思っています。

 

 

 

友だち追加

 

 

 

QRコードで追加

 

ID検索で追加

 

 

line900-900

 





TVボードご依頼の手順(Q&A)


TVボードのご依頼方法


住宅設計に欠かせないCADデータ集


【無料】SNS拡散ツール




高齢者のためのリフォームの盲点


家の困り事はどこに頼むべきか


家の不安解消だけでは足りません




Sponsered Link