Sponsered Link

 

LINE@を導入する企業が増えている。ハウスメーカーの導入はいつ?



職種にもよると思いますが、

建築に限ると
ハウスメーカーや工務店などの
イベントやキャンペーンをお客様に伝えるのはハガキかメールですが、
いずれも見られる頻度は下がってきているのが現状です。

大きな理由としてメールの利用率が
40代以下は50%を大きく切っていてこれからも加速的にLINEにシフトするからです。


40代以下と言うとちょうど家の購買層に当たりますよね。


それにスマホではLINEを頻繁に使うため
いちいちメールを見ることは面倒に感じると思います。

ですから

こちらが良かれと思ってメールを送っても
ユーザーにとっては煩わしいものと思われたら
開いてまで見なくなるでしょう。

実際メールの到達率も昨年末から急激に下がるという謎の現象が
起きているため、メール離れはますます加速していくでしょう。


そんなこともあり
私もLINE@を導入し、
運営の仕方を模索しているところです。


どうせ始めるのなら一日も早いに越したことはありませんからね。




ところで
友人から勧められた観光会社のLINE@は
ダイアの変更があった場合にすぐ通知がくるというもので
これはLINE@の導入事例としてとても参考になりました。


そう思うと

ちょっと気になる会社のイベント情報はLINEで受け取りたいと
思うのは当然なのでしょうね。



まだまだ
LINE@の導入例が少ない建築業界。


北海道ではまだ数例といったところです。




ちなみに

k-designもLINE@始めました。

LINE@始めました



フロート式TVボードの価格表や
家具の設計資料を希望された場合には
メールアドレスを入力していただいた上で
お知らせをしていますが、

LINE@では
登録後にすぐごらんいただけるようにさせていただきました。


□■LINE@友だち登録特典

1.知らなきゃ損する家づくり:後悔しない為の知識(pdf)
【家の打ち合わせの時にこのファイルをお持ちください】

2.フロート式TVボード価格表

3.システムキッチン、洗面化粧台、TVボード設計例多数公開

4.設計資料ご案内

・TVボード設計集(価格公開)
・アイランドキッチンCADデータ20選(価格公開)
・スチール階段設計データ集(価格公開)



それでは以下からご登録をお願いします。



スマホでごらんの場合は
以下のurlかLINEボタンをクリックしてください。


https://line.me/R/ti/p/X73YeaK9dZ


友だち追加




パソコンでごらんの場合は
スマホでQRコードを読み込み
LINE@に登録をしてください。


QRコード




ID:@tud0052m





line000

Sponsered Link












TVボードご依頼の手順(Q&A)


TVボードのご依頼方法


住宅設計に欠かせないCADデータ集


【無料】SNS拡散ツール




高齢者のためのリフォームの盲点


家の困り事はどこに頼むべきか


家の不安解消だけでは足りません


 


★売上を倍増させるシステム

 

【最新】「リストを自動で集めるツール」【無料版】


「集客ツール」の使い方|3大SNSツールの設定方法


 

Sponsered Link