Sponsered Link

 

 

個人的には、頻繁に繋がりを求められる
LINEに対しては苦手意識を持っていたので、
ちょっと使ってみて、すぐにやめていました。

それで2年前に
スマホさえもやめてガラケーにすることで
情報シャワーから逃れられたと思っていましたが、

今年に入ってから
LINEを避けられなくなる事情が起きてしまったのです。


それは
メールの到達率の低下にその原因があります。


経緯を説明すると
昨年10月頃からメールの到達率が急激に落ちていると話が持ち上がり、
メルマガ配信業者もその対応に追われていました。


つまり

今まで届いていたメール(メルマガ)が突然迷惑メールとして
振り分けられてしまうということです。


つまり
送る側にとって自社の製品やサービスなどのお知らせや
詳細がお客様に届かなくなるということなので、
売上に直接響いてしまいます。

 

一方
お客様にとっても役立つ情報を得にくくなるということですから
双方にとってマイナスとなるということです。

そこで
急激にあるツールが注目され始めました。

それは
ご存知のLINEであり、
公開型アカウントのLINE@です。

(前提条件としてLINE@に登録するには、メールアドレスが登録された通常のLINEアカウントが必要)


当初から
情報発信やビジネスに活用できるというメルマガのようなものということで
注目していましたが、
ガラケーに変えていたということもあり、自分には関係ないと思っていました。

ところが
メールの到達率が急激に落ちるという問題が起きてから、
あわててLINEを始める必要が出てきたということです。


ちなみに
スマホなしでもPC(パソコン)版LINEからアカウント作成することが
できるようになっていたことも知りませんでした。

参考にさせていただいたサイトはこちらです。

 

スマホなしでもPC(パソコン)版LINEからアカウント作成する登録方法──「電話番号ログイン」でガラケーや固定電話でも使える | アプリオ

 

それですっかり出遅れてしまっているので
そのブランクを埋めようとLINE@の勉強もし始めています。


そんな折に、

さらにメルマガ配信スタンド並みの機能をLINE@に追加できるという
ツールの案内も舞い込んできたところです。


ちょうどベストタイミングということで
すぐに申し込んだところです。


→LINE@集客増幅ツール

Sponsered Link

 

 

 

 

 

 

 




TVボードのご依頼方法


住宅設計に欠かせないCADデータ集


【無料】SNS拡散ツール


【次世代のLINE@ステップ配信システム】

 

 

 

 



リスト自動収集ツール【無料版】の入手方法


「集客ツール」の使い方|三大SNSツールの使い方



★TVボード価格表


メッセンジャーで見る


LINE@特典

 


★リフォームの盲点


高齢者のためのリフォームの盲点


家の困り事はどこに頼むべきか


家の不安解消だけでは足りません


★在宅で健康管理【遠隔診療→通院不要】


病院と薬局へ行く必要が無い【遠隔診療】が家や職場で受けられます

Sponsered Link