Sponsered Link

 

 

意外と知られていない
Rの構造の書き方(家具版)を紹介します。

平面図では点線で表すため必要がないと思いますが
実際はどうなっているかを知ると色々と応用が効きますので
覚えておくと良いでしょう。

家具の仕上げの建材(ベニヤ等)の厚さは3mm位ですが
綺麗なRに仕上げるときには*さらに下地のベニヤが必要となります。

例えボードや曲げベニヤでも綺麗に見せようとするならば
二重に貼ることを覚えてください。

このキッチンのR部分はメラミン(約1mm)ですから下地となるベニヤは
3mm+3mmということになります。

実際の写真も特別に公開します(^-^)

 

k-08 (1) k-03 k-01 k-10

 

 

Rの構造の書き方—デザイン通信—検討中(^-^)v

から

Sponsered Link

 

 











Sponsered Link