Sponsered Link


tsūの破竹の勢いばかりが
注目されますが

tsūは利益の還元を受けるためという前提があるので
あくまでも
個人アカウントでなければ登録ができません。

もし
facebookと肩を並べようとするならば
facebookページと同様の仕組みのものがなければ難しいし、

あったとしても
tsūから利益を得ていると思われることに
イメージ的に問題があると思っているところ(人)も多そうです。

ですから
体裁重視の
日本においては
社会に認知されにくいSNSとは言えそうです。(今のところ)

ですが

ビュー数がfacebookの数倍になってきている今、
企業が広告を打ってくるのは当然で、

そこで
会社としてのページも登録できたら一気に普及していくのかな?
と密かに期待しているところです。
(そんなに遠くないうちに実現?)


いずれにしても
個人では
早めにtsūの体験をしておくことを勧めます。

そして

遅かれ早かれ
tsūのアイコンも必要になるだろうと思い
アイコンセットの配布も始めました(^-^)


tsu works

アイコンセット

Sponsered Link

 

 

 




高齢者のためのリフォームの盲点


家の困り事はどこに頼むべきか


家の不安解消だけでは足りません


 


★売上を倍増させるシステム

 

【最新】「リストを自動で集めるツール」【無料版】


「集客ツール」の使い方|3大SNSツールの設定方法


 

Sponsered Link